漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」102話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※エピソード一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「ある日、私は冷血公爵の娘になった」作画Cotton、原作Siya、原題나는 이 집 아이

毎週月曜に最新話が公開されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」102話のネタバレ

アンはドラゴンの予言を聞いて、今すぐ取り消してと怒鳴った。

ドラゴンは、嘘をつけない種族だから不可能だ、予言は必ず起こることだと拒否。

するとアンは魔法でドラゴンを威嚇する。

エステルは、私は大丈夫、大切な人のためなら死んでも構わないと言う。

アンは、エステルのそういうところが嫌いだと言い、突然部屋を出て行った。

ドラゴンは、俺を恨むかと聞いてくるので、エステルは、嫌いな人のために死ぬよりはいいと答える。

気に入らない、お前のような人間を知っていたと言うドラゴン。

それは最初に出会った魔導士アニンタで、人間の善意を信じればどうなるかのサンプルのような大馬鹿者だったという。

エステルは、私は人間の善意を信じているわけではなく、むしろかなり自分勝手なのだと話す。

愛する人が死んで自分が心を痛めるより、自分が先に死んで楽になりたい、残された人のことなど考えていないからだと。

それを聞いたドラゴンは、特別だから人前で呼ぶなと言い、アスラウドデロールという、ドラゴン自身の名前を明かした。

どうして教えたのかとエステルが尋ねると、自分が利己的だと知っているから気に入ったのだと話す。

予言を取り消すことはできないのかとエステルが尋ねると、先程断っていたくせに、それより魔導士の方が心配ではないのかと言われ、エステルはアンを探しに行く。

屋根の上に佇むアンに、自分勝手でごめんと声をかけるエステル。

アンは、私のためにエステルが死んだらどうしようと涙ぐむので、エステルは、私は死んでも生まれ変わるからと言う。

今ではぼやけてしまい、名前すら忘れそうだが、前世の記憶がある。

死は全てが終了し次がないから恐ろしいが、エステルは終わりではないことを知っている。

エステルは、本当に生まれ変わるから、また再び会えると話す。

だが、記憶がないのにどうやって出会うのかと、アンは納得できない。

そして、早くエメルに告白して結婚し、子供を産んだらいいと言う。

真っ赤になるエステルに、そうすればお嬢様はあんなこといえなくなるだろうと言う。

そして悔しいですねと、寂し気に微笑むのだった。

一方エメルは、レイモンド家を継ぐために、騎士団を辞めたいと公爵に申し出た。

エステルは悲しむだろうと言う公爵の言葉に、お嬢様が公爵の人柄を変えたのだなと感じる。

お嬢様には言わないで欲しいと言うエメルに、公爵は、エステルは一生許さないかもしれないと言う。

それならそれで構わないと答えるエメル。

公爵は、ならば好きにするがいいと応じ、エメルは執務室を出る。

廊下ではカルルが待っていた。

エメルの父や兄を殺したカルルだが、憎む気持ちにはならなかった。

おどけるエメルに、何故エステルはお前を好んでいるのかと、ぼやくカルル。

自分もわかりませんと言い、彼はその場から去る。

カスティージョ家の守りでも穴があり、エステルの拉致を防げなかった、今後も同じことが起きないとも限らないとエメルは考える。

レイモンド侯爵になれば、その穴を埋めることができる。

だから喜んで蛇の巣窟に入ってやろうと、エメルは決意するのだった。

漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」102話の感想

ドラゴンはエステルを気に入り、何故か名前を教えてくれましたね。今後この物語で活躍するシーンがあるのでしょうか。

エステルの予言ですが、本人はかなり前向きに捉えていますね。でも確かに彼女が言うように、嫌の人物のせいで死ぬよりはいいのかもしれません。

愛する者のために死ぬということでしたが、家族か、エメルか、アンか、どの人物でしょうね。やはりエメルが一番濃厚な気がします。

エステルから切っても切れない関係のエメルですが、彼はエステルを守るために、レイモンド侯爵になるようです。彼の進む道は、蛇の巣窟だそうなので、ギラギラした人間関係の場に入っていくのですね。

皇室からしてちょっとおかしいので、貴族達は足の引っ張り合いが激しそうです。無事にレイモンド侯爵になれるといいですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください