漫画「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」76話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」作家SWAN、絵ユンヘ、原題 아이리스 – 스마트폰을 든 레이디 

侯爵家令嬢であるアイリスは、何もかも奪われ殺された悲惨な人生と、地球での人生の両方の記憶を持ったまま、過去の自分へとタイムスリップする。偶然手に入れたスマートフォンを使う彼女の痛快な復讐劇、そして公爵とのときめく恋愛を描いた、恋愛ファンタジー作品です。

毎週月曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」76話のネタバレ

女性達に卵を投げられ、追いかけられるハワード。

彼が逃げた先に、彼の父が乗っている家の馬車が見えた。

父に匿ってもらおうと、馬車に手をかけるハワードだが、父に殴られる。

家門に泥を塗る奴は私の息子ではないと言い、ハワードを捨て、馬車を出発させる。

そして茫然としているハワードに、女性達が追い付いた。

その様子を撮影していたアイリスは、映像をイアン達に見せた。

自分の利益しか頭にないグライフ伯爵が、実の子供相手でも血も涙もないというのは本当だったか等、それぞれが持つ親という存在のイメージを話す彼ら。

親に関係なく、罪を犯した本人が償えばいいと意見がまとまる。

リュウが、どのようにして彼女達を集めたのかとアイリスに尋ねると、美容院を利用したのだと答える。

ハワードは皇宮の侍女ラーニャに対し、結婚を匂わせたり、自殺を仄めかしたりして、3カ月ほど密会していた。

ソリアであるアイリスとの縁談はデマとまで言っていたのにと、ラーニャはアイリスに泣きながら全てを話した。

ラーニャは皇宮の決まりを破ってしまったので、皇宮から去らなければいけないが、それよりもハワードに復讐したいと話す。

そこでアイリスは、ラーニャ以外にも被害者がいるはずだ、グライフ家を恐れて声をあげられないだけ、被害者仲間を見つけようと促す。

ラーニャとアイリスは、美容院やデザート屋でハワードの噂を流した。

それで直接の被害者だけではなく、市民団体までハワードの処罰を求めるようになったのだ。

現在、予星館にはアナキンがいなかった。

重罪人で面会禁止であるミサーラ子爵に会っているそうなのだが、なかなか戻ってこないので、アイリスが様子を見にいくことに。

その頃ミサーラ子爵の牢に、1時間だけ牢から出してやる、北門へ迎えと、兵士が声をかけてきた。

ネラがうまくやってくれたに違いないと考えたミサーラ子爵は、業者を口止めしたらすぐに戻ると言い、急いで牢を出る。

兵士の話の通り、道中にいた兵士たちは、ミサーラ子爵を捕まえようとはしなかった。

兵士には戻ると言ったが、皇帝が自分を断罪すると名言したため、このまま逃げるつもりで、街へと走り出す。

そしてその後ろを、アナキンと彼の部下が尾行しているのだった。

漫画「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」76話の感想

アナキンの脇にいた部下は、名前はわかりませんが、48話でもアイリスの側にて、ハーガス子爵と争うアイリスを護衛していた人物ですね。アイリスと同じ紫の髪なので、なんとなく覚えていました。

さて、ソリアとなったアイリスの復讐が、先週から続いています。今度はハワードががっつり制裁を受けています。

ハワードは現世でもかなりの女性を騙し、弄んできたので、仕方ないですね。あまりの酷さに、当事者ではない市民団体まで出てきました。

このような醜聞をもつ男性を、ソリアの婚約者として置くわけにはいかないですよね。これでハワードが皇室からいなくなると良いのですが、過去でアイリスを殺したハワードが、生卵をぶつけられるだけで終わりとは思えません。

ハワードもまだまだ登場することがあるのでは。

ミサーラ子爵も、まだ復讐が終わっていないようです。アナキンは、わざと脱走させ、脱獄した罪で、直接罰するつもりなのでしょうか。アナキンの目的は何か、次回が楽しみですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください