漫画「彼女が公爵邸に行った理由」137話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

漫画アプリ・ピッコマにて独占配信中の「彼女が公爵邸に行った理由」原作Milcha漫画Whale・原題그녀가 공작저로 가야 했던 사정

小説内に転生してしまったレリアナが、生き残るためにある公爵と婚約取引をし、互いに惹かれあっていく、転生系恋愛ファンタジー漫画です。

毎週金曜日に最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「彼女が公爵邸に行った理由」137話のネタバレ

ノアの警告に静まり返る現場。

だがブレイク公爵は、いくら剣の腕が立つといっても、近衛騎士が集まっている王城の中心で、たった二人を突破できないわけがないと考えていた。

そこで皇室騎士を煽り、攻撃させようとする。

剣を抜くのではないかとハラハラするシアトリヒ。

すると、やめろとの声がして、神官達が入ってきた。

それに続いてジャスティンも入り、異常な現場を見てグッと堪える。

ジャスティンの後ろには、大神官ヒーカー・デミントがいた。

ヒーカーは、突然の訪問申し訳ないとシアトリヒに挨拶し、最近孫の健康状態が悪いと聞いたので、慌てて寄ったと話す。

先ずはレリアナの様子を見たいといい、意識を失っているレリアナに近寄る。

ノアを睨みつつ、レリアナを確認し、今は大丈夫なようだと言う。

彼女をゆっくり休める場所に移すと言い、ウェードが指示に従いレリアナを運ぶ。

ざわつく周囲に、このような慌ただしい歓迎のされ方は初めてだと、冷ややかに言い、彼は別の場所に案内される。

移動中、その後ろをついていくノアは、レリアナの状態を尋ねるが、うるさいと怒鳴られる。

逆にヒーカーから、レリアナは邪術にかかっているようだが、貴様ならどういうことかわかっていそうだなと聞かれる。

ノアが頷くので、周囲に人が多い場所で邪術について話したくはないとヒーカーが言うと、ノアはそうですねと、わざとらしく微笑む。

ヒーカーはノアから、一体何があったのか詳細を聞くことに。

シアトリヒやヒーカー、ノアたちが出て行ったので、ブレイク公爵はシアトリヒについて行くと言う。

残されたベアトリスは、まさか大神官が来るなんてと、ひどく動揺していた。

レリアナは王妃殺害犯で死刑判決を受けた後、護送中に不慮の事故で死ななければいけないのに、神聖国にレリアナを引き渡されてしまったら全て終わりだと焦る。

すると手の震えが止まった。まるでビビアンを殺したときのように。

そして、レリアナを逃がさないと目を細めるのだった。

漫画「彼女が公爵邸に行った理由」137話の感想

ジャスティンの証拠が間に合えばと思っているなか、これ以上ない助っ人がやってきましたね。

大神官であるヒーカー・デミントが可愛がっているレリアナが、人殺しをするなど誰も思わないでしょう。ベアトリスにあるのは、ベアトリスの証言だけですから、一気に形勢逆転です。

ヒーカーがいれば、不測の事態に耐えられると思います。ヒーカーの方から来てくれて助かりましたね。

ジャスティンも一緒に登場しましたが、証拠は持ってきたのでしょうか。取り乱したりはしませんでしたが、ビビアンの死体は片付けられた後なのでしょうか。妹を殺されたジャスティンの怒りはすさまじいでしょうね。

一方、追い詰められたベアトリスは、とんでもない方向に振り切れました。ビビアンも殺したのだから、レリアナもさっさと殺すつもりのようですね。

レリアナについては入念に計画を練って殺そうとしているのに、ビビアンはじゃまになりそうだからササッと殺しましたね。ビビアンは捨て駒で、本当にどうでもいい存在だったのでしょう。ベアトリスは恐ろしい人間ですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください