漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」46話のあらすじと感想!ネタバレ有り

全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマLINEマンガで連載中の「ある日、お姫様になってしまった件について」作家Spoon、Plutus、原題・어느 날 공주가 되어버렸다 

ある日突然、小説の中の姫に生まれ変わってしまった主人公。しかも実父に殺される運命の姫に。血も涙もない冷血な皇帝クロードの娘として生まれ変わってしまった主人公が、生き残るために奮闘する異世界転生ファンタジー漫画です。

毎週日曜日に最新話が更新されます。

前回のあらすじは、アタナシアはお茶会を開き、ジェニットから贈られたサテンリボンの髪飾りを着ける。ジェニットは大喜びだ。

もうすぐ行われる建国祭で、アタナシアと一緒に祭りを回りたいというジェニット。そこへクロがやってきてアタナシアに甘える。突然現れた大型犬に怯える令嬢達。ジェニットは勇気を出してクロを可愛がる。

アタナシアがまたクロに触れようとすると、髪飾りが反応し、アタナシアの心臓を傷めつけた。吐血しクロの上に倒れこむと、激しく光り出し、誰も近寄れなくなった。

一方、クロードはアタナシアに頼まれたものを用意していた。だがそこへ、アタナシア危機の報せが届くのだった。

詳しくはコチラにてまとめてあります

登場人物まとめはコチラ

漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」46話のネタバレ

意識を失うアタナシア。

まるで胸にぽっかり穴が開いたかのように、大切な何かを失った気がする。

ふと目覚めると、不安そうに彼女を覗き込むリリーとフィリックスの顔が見えた。

彼女の目覚めを涙を流し喜ぶリリー。

何日気を失っていたかと聞くと、10日ほどとのこと。

思ったより短いので、もしかしてルーカスが来たのかと尋ねると、二人は無言だ。

ではパパはと聞くと、リリー達は気まずそうな表情をする。

アタナシアは弱った体でクロードのもとへ向かおうとする。

アタナシアの暴走した魔力を抑える方法がなく、クロードが体を張って彼女を助けたそうだ。

しかしそれが原因で,10日前に倒れたきり、目が覚めないのだという。

自分のためにクロードが命をかけるなんてと、動揺するアタナシア。

思いつめた彼女の表情を見たフィリックスは、彼女を抱き上げクロードの寝室へ運ぶ。

気を失ったままのクロードの傍らに行くアタナシア。

パパ起きてと何度も呼びかける。

だがクロードの反応がなく、彼女は泣き崩れた。

握りしめたクロードの手がピクリと動く。

クロードの目が開き、アタナシアは喜ぶ。

だるそうに起きたクロードは、アタナシアに向かって、誰だ、と言うのだった。

漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」46話の感想

とんでもないことが起きてしまいまいした。

ルーカスがいなかったため、アタナシアを助けられる者がおらず、クロードがかなり無理をしたようです。

大事な娘を守るために体を張ったクロードは、大事な娘の顔を忘れてしまいました。アタナシアのショックはどれほどでしょう。

それもこれもあの黒髪男アナスタシウスのせい。あの男がクロードを妬み、呪い続けたため、このような事が起きてしまいました。

ルーカスさえいれば、どうにかなったのに、本当にタイミングが悪かったですね。

黒髪男は、魔力回復したがっていたので、今回でアタナシアの魔力を奪い取ったのでしょうか。アタナシアは気絶している間、喪失感があったようなので、魔力を奪われたことの意味かもしれません。

それとも、クロードの愛を失う前兆だったのでしょうか。

今回の髪飾りについて、クロードやアタナシアに、殺意を持って近寄ると体がズタズタになって死ぬという魔法がかけられているので、殺意の全く無いジェニットを利用したのでしょうかね。

いずれにしても、こうなった以上、ルーカスが戻ってこないと何も安心できません。早く世界樹の実を入手し、アタナシアを守って欲しいですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください