漫画「外科医エリーゼ」最新話85話のあらすじと感想!ネタバレ有り

漫画アプリ・ピッコマにて独占配信中の「外科医エリーゼ」原作yuin、漫画mini、原題・외과의사 엘리제

傲慢不遜で皇帝である夫に火炙りにされた前世を経て2度転生した女性が、過去の人生に戻り、今度はナイチンゲールのように、人々に医療で尽くす医療系恋愛漫画です。

毎週水曜日に最新話が更新されます。

前回のあらすじは、リンデンの指示により、離れた場所にいた艦艇を呼び戻し、共和国軍の補給を断つ作戦が実行された。

ウクラ山脈を行くリンデンは、捕らえた雉でエリーゼに料理を振舞う。しかしかなりのメシマズだったので、エリーゼが作り直すことになったのだった。

詳しくはコチラにてまとめてあります

漫画「外科医エリーゼ」最新話85話のネタバレ

エリーゼは、リンデンがあれこれ持参した調味料で、味付けをし直す。

リンデンは美味しいと感心し、ロンドに戻ったら料理を教えてくれと彼女に頼む。

邸宅に来てくれればと答える彼女だが、教えるほどのことではないと謙遜する。

それでもリンデンは彼女に料理を習いたいと言い、毎日彼女に料理を作るのだと嬉しそうだ。

毎日料理を作るだなんて、まるで夫婦のようだとエリーゼは恥ずかしくなるのだった。

その後、二人は雪のウクラ山脈を進んだ。

夜になれば寄り添って眠り、ひたすら進み続けた。

あるところで、リンデンが共和国軍に追われていることに気づく。

望遠鏡で確認すると、なんとルイ・ニコラスが直接追ってきていたのだ。

あのときに始末しておけばよかったと思うリンデン。

あと1日移動すれば、共和国軍の勢力圏を抜けることができるので、少し速度をあげて移動することにした。

だが、他の共和国軍の部隊に見つかってしまい、信号弾を撃たれ、ニコラスの指示通り即射殺すると言い、発砲される。

リンデンはとっさにエリーゼをかばい、超常能力で銃弾を弾くが、疲労が溜まっていたので眩暈がする。

なんとしてでもエリーゼは守るのだと、リンデンは彼女を抱え走った。

その頃、空帝を見つけたとニコラスに報告が入り、二人とも直ちに殺せと笑みを浮かべる。

騎士は、生け捕りにせず本当に射殺するのかと聞き返すが、俺が着くまでに二人が生きているならお前らの命はないとニコラスは怒鳴るのだった。

また帝国軍側では、マッカイル元帥の指示に背き、皇室のロイヤルナイト銃騎士団が、独断で皇太子リンデンと次期皇太子妃エリーゼの救出に向かおうとしていた。

命令違反の責任は全て私が取ると言い、部隊を指揮するのは、エリーゼの長兄レンだ。

皇太子とエリーゼの無事を祈りつつ、彼らは出撃するのだった。

漫画「外科医エリーゼ」最新話85話の感想

エリーゼとリンデンは、共和国軍に追い付かれてしまいました。

前半は新婚生活を想像して、顔真っ赤にするエリーゼのほんわかな話でしたが、ここ最近エリーゼとリンデンの距離が近まる話ばかりでしたので、ようやく事態が変わったというところですね。

帝国の皇族を捕虜にするのではなく射殺しようというニコラス。彼の暴走は止まることなく、事態を悪化させてます。何のための戦争なのか、後の交渉に捕虜となった二人が必要なのに、彼に従うしかない兵たちが気の毒です。

さて、共和国軍に発砲され、ピンチのリンデン達ですが、レンは間に合うでしょうか。ミハイルはまだ迷子なのでしょうか。

いい加減やりたい放題のニコラスを、誰か黙らせてほしいですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください