漫画「彼女が公爵邸に行った理由」69話の作品内容とあらすじネタバレ

漫画アプリ・ピッコマにて独占配信中の「彼女が公爵邸に行った理由」原作Milcha漫画Whale・原題그녀가 공작저로 가야 했던 사정

小説内に転生してしまったレリアナが、生き残るためにある公爵と婚約取引をし、互いに惹かれあっていく、転生系恋愛ファンタジー漫画です。

毎週金曜日に最新話が更新されます。

前回のあらすじは、レリアナに一度振られたぐらいでは、彼女を諦めないノア。彼女は敢えて突き放した態度をとることで、彼に諦めてもらおうとする。

しかしヒーカーとレリアナの夜市散策に、護衛としてノアはちゃっかりついてくる。

ヒーカーはノアに怒鳴り、封印を解いて彼を追い払おうとするが、封印を解くと人々がヒーカーに気づき群がってしまうから、そうならないようウェードに頼まれていたレリアナは必死でヒーカーを止めるのだった。彼女の羞恥心を犠牲にして。

詳しくはコチラにてまとめてあります

全話一覧はコチラ

漫画「彼女が公爵邸に行った理由」69話のネタバレ

夜市は大勢の人で賑わっていた。

レリアナはヒーカーに、不便はないか、夜市はどうかと聞くと、彼は、神殿の外に滅多にでることがないので初めてだと話す。

ウェードがヒーカーについて、孤独な方だと言っていたのを思い出したレリアナは、自分も夜市は初めてだから満喫しましょうと微笑む。

神殿でも祭りは開かれるが、こんなに汚く騒々しくもないし、至るところから食べ物の匂いもしない。

でもこの夜市の人々は笑顔でいっぱいだ。

レリアナは、屋台で買ってきた謎の串焼きをヒーカーに差し出す。

何の生き物かわからず、人間が食べるものなのかと嫌がるヒーカーの前で、ワクワクという名前の食品で鶏肉のような味がすると、気にせず食べるレリアナ。

すると、そこのキレイなお嬢さん、弟と遊びにきたのかいと、射的の店主に声をかけられる。

1000点で、魔法がかかった、ダイスキとしゃべる上、動くクマの可愛い人形が手に入るのだという。

興味を持ったレリアナ。

1000点とるには、的の真ん中に50発も当てないといけないそうだ。

50発も詐欺ではと怪訝そうな表情のレリアナに、全部当てられなくても他の人形もあるからと、店主は指差す。

そこには、夜中に髪が伸びたり消えたりしそうな、不気味な人形ばかり並べられていた。

これでは噂好きな侍女が、また怪談話をするだろう。

レリアナはクマの人形を凝視し、50発チャレンジしてみることにした。

彼女の後ろにいた、連れのノアやアダムがやるのだろうと思っていた店主だが、レリアナが弾を受け取り、自分がやると答える。

真ん中に50発。

射撃が得意な彼女は、的を見据え、発砲するのだった。

漫画「彼女が公爵邸に行った理由」69話の感想

ヒーカーもレリアナも夜市散策を楽しんでいるようです。

謎の串焼きを食べれるレリアナは流石です。なんでも挑戦してみようとする性格でないと、今の彼女はいないですものね。パッと見トカゲっぽいのですが、なんの肉でしょう・・・

ノアも特にリアクションなく、本当に護衛として着いてきていますね。ヒーカーとの間に割って入らず、職務に徹しています。

レリアナは動くクマ人形のために、射的をチャンレジしますが、彼女の腕前を知っているノアとアダムですので、特に手伝おうという気もないようです。完全にお供の存在です。

彼女のことなので、おそらく50発見事命中するのでしょう。しかし外れの人形のデザインのかわいげの無さが秀逸ですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください