漫画「帰還者の魔法は特別です」32話のネタバレと感想!あらすじまとめ

ピッコマで配信している、アクション&転生&ファンタジーの漫画「帰還者の魔法は特別です」原作Usonan、漫画Wookjakga ( 귀환자의 마법은 특별해야 합니다  )

──人類を襲った最悪の災害・影の迷宮にて、最後まで生き残った6人のうちの1人デジール・アルマン。ラスボスの討伐に失敗し、人類は滅亡。死んだはずの彼は何故か13年前に転生した──

毎週木曜日に最新話が更新されます。

前回のあらすじは、いち早く時計塔に入ったデジール達は、ロマンティカに他パーティーを狙撃させ、アルファチーム同士で争わせる。

アゼストはたった一人で他パーティーを蹴散らし、デジール達のいる部屋へ足を踏み入れるのだった。

詳しくはコチラにてまとめてあります

全話一覧はコチラ

漫画「帰還者の魔法は特別です」32話のネタバレ

アゼストはデジールの仕掛けた作戦を見抜き、敢えて他の生徒を脱落させず、動きを封じるにとどめた。

これでデジール達が生存者9名のうちに入るには、全面戦争をするしかない。

仕掛けた相手がアゼストでなければ、うまくいったはずだろうなと苦笑いするデジール。

アゼストの隣に、パーシヴァル、ドネータも現れ、お前たちにシングルランカーを名乗る資格があるというなら、私を倒して証明しろと、アゼストはデジールに戦いを申し込む。

すると、デジールとアゼストの足元に氷柱が現れ、しまったとデジールが察した瞬間に、氷柱は天井に激突し、二人の姿が見えなくなった。

ロマンティカとプラムは、デジールは無事なのかどうかわからない。

すると今度は、プラムにパーシヴァルが斬りかかり、二人は戦闘になる。

残されたロマンティカの前にはドネータが。

正直お前たちのパーティーがここまで残っているとは思わなかったが、それもここで終わりだと、ドネータは彼女に迫るのだった。

激しい斬撃の応酬を繰り広げるプラムとパーシヴァル。

パーシヴァルは、あのときのように剣をふりまわせと挑発し、プラムも、意外におしゃべりなんですねと、彼を煽る。

カチンときたパーシヴァルは、まるで竜巻のような斬撃でプラムを襲う。

しかしプラムはそれを全て避け、弾く。

この間まで自分の動きで疲れていたくせにと、まさか自分の攻撃を全て躱されるとは思いもしなかったパーシヴァル。

そこへ、隙をついたプラムの蹴りが腹にめりこむ。

パーシヴァルはうずくまりながら、たった数週間でそうしてそんなに実力つくのかとプラムに聞き、答える筋合いはないと断られる。

その頃、ロマンティカとドネータ。

ロマンティカの放ったウィンド・ストライク(風打ち)は、容易にドネータに弾かれ、ランク2魔法使いにしては弱すぎないかと彼にけなされる。

そしてロマンティカのすぐ目の前まで、ドネータは近づくのだった。

漫画「帰還者の魔法は特別です」32話の感想

デジールのちょっと姑息な作戦は、アゼストに見破られ、狙い通りにはいきませんでした。ですが、1対1にはなったようですね。アルファから集中して狙われるよりは良かったのでは。

そして、デジール達がいた場所は、時計塔の動力部だったようです。ここの動力を止めるのがクエストの目標ですが、激しい戦闘が行われることによって、止まったりしないのでしょうか。

また、デジールが教えることはないと言っていたプラムは、パーシヴァル相手に余裕がありますが、ロマンティカは苦戦しそうな感じですね。

ベータを心底憎んでいるドネータ相手に、彼女は無事勝つことができるでしょうか。魔法使いは近寄られたらかなり危ない気がするのですが。

まとめ

・デジールの作戦を見ぬいたアゼストは、他の生徒を脱落させず、身動きを封じるにとどめた。

・これで、デジールVSアゼスト、プラムVSパーシヴァル、ロマンティカVSドネータ、の戦闘になった

・プラムは余裕があるが、ロマンティカの魔法はドネータに簡単に弾かれてしまい、先行き怪しくなる


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください