漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」11話のあらすじと感想!ネタバレ有り

漫画アプリ・ピッコマ、LINEマンガで連載中の「ある日、お姫様になってしまった件について」作家Spoon、Plutus、原題・어느 날 공주가 되어버렸다 

ある日突然、姫に生まれ変わってしまった主人公。しかも実父に殺される運命の姫に。血も涙もない冷血な皇帝クロードの娘として生まれ変わってしまった主人公が、生き残るために奮闘する異世界転生ファンタジー漫画です。

毎週日曜日に最新話が更新されます。

前回のあらすじは、ボートに乗ったクロードとアタナシア。

彼女は、湖の透明な蓮に魅入られるように、ボートから身を乗り出し、湖の中に落ちてしまう。溺れた彼女はクロードに助けを求めるが、彼の無関心で冷たい瞳を見て、この男は助けないのだと絶望する。

そのまま、湖の底から伸びてきた触手に足をからめとられ、引きずり込まれる。そうなってからクロードは彼女を助けるが、アタナシアは見捨てられた恐怖しかない。

やはり逃走資金を貯めて、ここから逃げ出そうと決める彼女はストレス軽減のために、チョコを食べようと、厨房に忍び込むのだった。

詳しくはコチラにてまとめてあります

漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」11話のネタバレ

物音で振り向いたアタナシアの腕を、いきなりガッシリと掴まれて、彼女は悲鳴をあげる。

掴んだのはリリーだ。

今、ルビー宮の外が大変なのだと呼びにきたのだという。

そこにはたくさんのメイドがおり、アタナシアに仕えることができて光栄だと挨拶する。

そして、驚く彼女の前に膝間づいたのは、皇帝の護衛騎士フィリックス・ロベイン。

彼は、本日よりアタナシアの仮・護衛騎士に任命されたのだと言う。

湖に落ちても助けてくれなかったクロードが何故と、アタナシアはポカーンとする。

フィリックスは、何はともあれ姫様を大事にしているのだと微笑む。

今クロードは、アタナシアの正式な護衛騎士を熟慮しているので、短い間かもしれないが、よろしくお願いしますと彼は言うのだった。

クロードは元々いたルビー宮のメイドを交代して、新しいメイドにしたため、アタナシアが懐柔したハンナとセスがいなくなってしまった。

ムスっとするアタナシアに、今日の晩餐は姫様と一緒に過ごしたいと陛下が仰ってましたと、フィリックスは笑顔で話す。

思いもしないイベントにアタナシアとリリーは固まる。

いっそもう一度生まれ変わりたい彼女。

ちなみに、湖の真ん中生えていた蓮の花は、人を魅了して湖に落としてから養分を吸うという、恐ろしい魔法の植物なのだと、フィリックスが教えてくれた。

それを黙って見ているなんて、なんてひどい父親なのだろう。

その後、晩餐のために、リリーがアタナシアを着替えさせようとするが、あんな男のために着飾りたくないと思った彼女は拒否する。

困ったリリーは、フィリックスからも何か言ってもらえないかと言うが、どんなお洋服でもかわいい、陛下もそう思うはずだと、ほんわかした返答をする。

結局アタナシアは、寝間着にうさぎ柄のエプロンをつけたような格好で、クロードのところに行くことになった。

フィリックスはアタナシアを抱きかかえたまま、クロードの部屋の前まで連れて行く。

アタナシアは、何故パパの宮殿には他の騎士や、メイドがいないのかと聞くと、何でもご自身でなさることを好まれるので、使用人がいないのだと説明するフィリックス。

そして騎士がいないのは、その必要がないからだと言う。

フィリックスをお兄ちゃんと呼ぶアタナシアに、自分のことはフィリックスかロベインと呼び、敬語も使わなくていいと彼は話す。

フィリックスがクロードに声をかけても、全く返事がないので、どうやらお昼寝中らしい。

これは好都合と、アーティ帰る、と言ってみたが、中に入って姫様が起こして差し上げれば喜ばれると言われ、そのままアタナシアだけクロードの部屋に入れられた。

フィリックスは何を考えているのかと、真っ青な顔になるアタナシア。

ドアを押しても開かない。

さっきのドアの開閉の音で目覚めたのでは、私がわざわざ起こさなくても勝手に起きるよねと、彼女はひとまず、物音を立てないように部屋の中を歩く。

寝室はとてもシンプルで、ベッドもドアからすぐ見える場所にあり、あとはソファーとテーブル、チェストがある程度である。

前皇帝は贅沢三昧だったと聞いたが、この部屋で過ごしていたわけではなさそうだ。

壁面一面の巨大な金の地図を見つけ、その豪華さに感動する彼女。

この地図一つあれば、金のろうそく立ても、金のガラガラも必要ないようだ。

向こうの壁にかかっているものも金だろうかと、金ピカ好きの彼女のテンションが上がる。

様々な金の額縁の肖像画。その中に、壁に掛けられず、床に置いたままでガラスにヒビが入った女性の肖像画があった。

誰かわかりそうだが、いまいち思い出せない。

悩んでいると、自分のすぐ脇のソファーに、クロードが寝ていることに気づいた。

何故ベッドじゃなくてここで寝ているのかと驚く彼女。

童話に出てくる王子様のように、穏やかで美しい寝顔のクロード。

このまま永遠に眠っていてくれないかなと思いつつ、一応彼女は彼の頬に手をのばすが、彼はぐっすり眠っていた。

そんなクロードを前にして、彼女の中に湧き上がる感情。

一発殴ってみようかな、アタナシアは無言で彼を見つめ、拳を握るのだった。

漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」11話の感想

厨房での物音は、リリーが駆けつけた音でしたね。彼女にガシっと掴まれていますが、アタナシアは、こっそり袖口にチョコを隠しています。なんというチョコ執念(笑)

クロードの手配で、新しいメイドと護衛騎士フィリックスがやってきました。何故前のメイドを交代したのでしょうかね。ルビー宮のメイドは、貴族ながら階級の低いものばかりだからでしょうか。

やってきたフィリックスは天然なのか、アタナシアとクロードの親子愛を期待して、彼女に無理難題を提案します。

恐怖そのものでしかないクロード相手に、アタナシアは困惑しますが、皇帝の部屋が金製品まみれと知ってテンションがあがり、部屋の中を走っています。アタナシアは面白い子ですね。

そして思いついた、彼を殴るという発想。少し触ったぐらいでは起きないようですが、果たしてどうでしょうか。彼女も大胆不敵ですね(笑)


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください