漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」12話のあらすじと感想!ネタバレ有り

漫画アプリ・ピッコマ、LINEマンガで連載中の「ある日、お姫様になってしまった件について」作家Spoon、Plutus、原題・어느 날 공주가 되어버렸다 

ある日突然、姫に生まれ変わってしまった主人公。しかも実父に殺される運命の姫に。血も涙もない冷血な皇帝クロードの娘として生まれ変わってしまった主人公が、生き残るために奮闘する異世界転生ファンタジー漫画です。

毎週日曜日に最新話が更新されます。(今回の話はコミック版からです)

前回のあらすじは、クロードのはからいで、メイドの交代と仮・護衛騎士フィリックスがアタナシアにつくことになった。

クロードと晩餐することになり、フィリックスからクロードの部屋へと連れて行ってもらうが、皇帝はお昼寝中。

起こしてあげれば喜ばれると、アタナシアをクロードの部屋にねじ込むフィリックス。困惑した彼女だが、部屋の金製品にテンションがあがる。

ソファーでぐっすり眠っているクロードをみつけ、一発殴ってみようと考えるのだった。

詳しくはコチラにてまとめてあります

漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」12話のネタバレ

この男を殴る機会なんて早々ない、湖のことも含めて殴らせろと、アタナシアは両手を振り上げた。

しかし袖口から、厨房でこっそり入手したチョコが飛び出し、クロードの頭に落ちた。

目を開けるクロード。

驚きで固まったままの彼女と目が合う。

彼女は振り上げた両手を、スッとクロードの胸におき、ねんねねんね・・・と子守唄を歌って誤魔化した。

国民なら誰でも知っている子守唄だが、クロードは知らないらしい。

パパおはようと、愛嬌たっぷりの笑顔で挨拶するアタナシア。

ぐっすり眠れたと聞くと、フィリックスが入れたのかと聞き返される。

クロードはため息をつき、髪をかきあげる。

だらしなく羽織った白いローブから、彼の筋肉質な上半身が露わになり、思わず視線をそらす彼女。

寝起きでけだるそうなクロードは、晩餐はこの部屋に用意させると言うのだった。

テーブルにつく二人。

顔色がいいな、とアタナシアに話しかけるクロードに、彼女は、パパもキレイと答える。

内心、湖に落ちて苦しんでいたことを知っているくせにと、彼女はイライラ。

それでもプランBのため、プランCを実行するのだと、笑顔を維持する。

今日も相変わらず、クロードは美しく光り輝いていた。

テーブルに並んだのはステーキを中心にした料理で、特別にアタナシアが食べそうなものを用意させたのだという。

クロードは食事をとらず、頬杖をつき、アタナシアを正面から眺めていた。

アタナシアは、ナイフで一生懸命ステーキを切り分けようとするが、力みすぎてナイフとフォークを弾き飛ばしてしまう。

きちんとした礼儀作法を学べ、明日人を送るというクロード。

もう少しまともな教育を受けろと言われ、アーティ頑張ると答える。

そして晩餐の間、クロードに正面から見続けられるという、苦行をする羽目になるのだった。

疲れきったアタナシアは、ルビー宮に戻った後、リリーに子守唄を歌ってもらい眠りにつく。

その頃クロードは、アタナシアが落としたチョコを、指でつまんで眺めていた。

アタナシアの髪や顔は、彼女の母ダイアナにそっくりで、彼はダイアナを思い出していた。

ダイアナに似てるからか、無礼じゃないのかと、クロードの後ろに立っていたフィリックスに問う。

確かにダイアナ様は簡単に忘れられる方ではないですよねと、フィリックスは言うが、あんな女、後1年もあれば完全に忘れられたはずだと答えるクロード。

フィリックスは複雑そうな顔をするが、気を取り直し、アタナシア様との晩餐は楽しまれましたか、本当にかわいらしい姫様ですよねと、笑顔で話す。

かわいらしいという感情は、とうの昔に忘れたのだと、クロードは答える。

フィリックスは、部屋の隅にある、ガラスが割れたままの女性の肖像画を見つめる。

ダイアナとは違い、茶色い髪の女性の絵。

クロードは休みたいと言い、フィリックスに下がるよう指示する。

退室したフィリックスは、クロードがそうは言っても、まだその中に残っているはずだと思う。

いつか、あなたにも明るい光が差し込むときがきますようにと、クロードを気遣うのだった。

漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」12話の感想

クロードは心が壊れてしまっているようで、その傷をなんとかしたいと、フィリックスの判断で、アタナシアを無理やりクロードの部屋にねじ込んだようですね。

ダイアナの髪に触れる手の描写があったので、あれはクロードですね。ダイアナを恐らく愛していたのでしょう。彼女が死んでしまい、ショックのあまり、彼女の死を止めることができなかったルビー宮の人々を処刑してしまったのでしょうか。

彼女が遺した赤ん坊であるアタナシアは、彼女の死を思い出すから、敢えて関わらないように、今まで放置していたのかもしれません。

ダイアナが死ぬまでは、クロードにもそれなりの感情があったのかもしれないですね。だからフィリックスは、彼女にそっくりなアタナシアを積極的にクロードに関わらせようとしたのかもしれません。想像ですが。

では、部屋に置いてあった、もう一人の女性の絵は何なのでしょうか。ガラスは割れているものの、捨てずに置いてあるので、彼女も彼の愛した女性の一人なのでしょうか。

とりあえず、一発殴らずに済んで良かったですね(笑)


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください