漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」8話のあらすじと感想!ネタバレ有り

漫画アプリ・ピッコマ、LINEマンガで連載中の「ある日、お姫様になってしまった件について」作家Spoon、Plutus、原題・어느 날 공주가 되어버렸다 

ある日突然、姫に生まれ変わってしまった主人公。しかも実父に殺される運命の姫に。血も涙もない冷血な皇帝クロードの娘として生まれ変わってしまった主人公が、生き残るために奮闘する異世界転生ファンタジー漫画です。

毎週日曜日に最新話が更新されます。

前回のあらすじは、何故かクロードとお茶をすることになったアタナシア。

いつ殺されるのかと不安でたまらない。

そしてその予感は的中し、俺が誰かわかっているのか、その問いにうまく答えなければならないのだった。

詳しくはコチラにてまとめてあります

漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」8話のネタバレ

クロードの問いに固まるアタナシア。

小説には書かれていなかっただけで、9歳のアタナシアもこのように彼に試されたのだろうか。

なかなか答えない彼女の答えを待つクロードは、急かすように、指でソファーをトントンと叩き始めた。

思わず、お父様、と言ってしまうアタナシア。

尊く偉大なるオベリアの皇帝陛下と言えばよかった、お世辞でも言えばよかったと、頭の中は大パニックだ。

しかしクロードの反応はまんざらでもない。

クロードは天真爛漫なジェニットを気に入っていたのだからと、彼の興味をひくために、パパ、と呼んでみる。

しかし無反応のため、これが正解か不正解かわからず、心臓はバクバクする。

もうどうにでもなれと思った彼女は、満面の笑みで、パパ、と愛らしく呼びかけた。

結果、彼女は生き残った。

その頃、部屋で寝ていたアタナシアが消えたことで、ルビー宮は大騒ぎになっていた。

そこへ、皇帝直属の護衛騎士フィリックスがアタナシアを抱き抱え、連れ帰ってきた。

誘拐犯めとフィリックスを睨むリリー。

アタナシアは、彼がクロードと二人きりにした腹いせに、その場を取り持たず放置する。

フィリックスは思いがけないことを口にした。

陛下が近いうちに、また彼女を呼ぶつもりなのだと。

驚く侍女たちは、恐怖半分嬉しさ半分で、なんとも言えないそわそわした様子だ。

クロードはどういうつもりなのか、興味を持たれたくないアタナシアだったが、運命はそう思い通りにならなかった。

とりあえず彼女は、胃もたれしていたケーキを吐き出すのだった。

深夜、アタナシアは、死ぬまでクロードに見つからずルビー宮に閉じこもるというプランAを、失敗だと紙に書いていた。

9歳の誕生日だけ気を付ければいいと甘く見ていたためだ。

まさか皇后宮より、後宮のほうが皇帝宮より近いとは思わなかった。

18歳までに逃走資金を貯め宮の外へ逃げるプランBは、まだ可能性が残っていた。

4年も早くクロードに出会ってしまったが、今すぐ殺しそうではなかった。

まだ逃走資金を集め続けたほうがいいのか、脱出するときはメイドに変装しないととあれこれ考える。

そしてクロードに一生懸命愛想を振りまいて、彼の愛をゲットするというプランC。

その文字を見て現実逃避しそうになるが、決して不可能ではないはず。

原作の内容も知っているし、愛されなくても、殺されない程度には仲良くなれるはずだ。

しかしパパと呼び、彼に愛想を振りまいたことが恥ずかしくて悶える。

この黒歴史と恥ずかしさは未来への投資だと、プランBとCの同時進行で生き残ることにしたアタナシアなのだった。

漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」8話の感想

ジェニットのように、クロード相手でも怖じ気ず愛想を振りまくことで、生き残ることができましたね。

クロードが求めているものは、お世辞や忠誠ではないようです。

見返りを求めない純粋な愛が欲しいようなので、兄を殺した彼にも色々複雑な人生があり、そのせいで今のように冷酷な人間になってしまったのでしょう。無意識にその傷を癒そうとしているのかもしれないですね。

無事生きのこれたアタナシアですが、クロードに興味を持たれたため、今後も呼び出される生活が決まってしまいました。

次回は胃もたれせずケーキを食べることができるのでしょうか。


この漫画は既にコミックが2巻まで出ています。先が気になる方はこちらも検討してみてください。

1巻(~10話)、2巻(11~19話)の収録内容です。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください