漫画「皇帝の子供を隠す方法」49話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※全話一覧・登場人物まとめはコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「皇帝の子供を隠す方法」原作:Lee Yeonseon、絵:SSAL、文:26、原題 :황제의 아이를 숨기는 방법

恋愛ファンタジー漫画です。1~3話まで一気読みでき、4話以降は毎日1話ずつ無料で読めます。

毎週水曜日に最新話が更新されます

前回のあらすじまとめはコチラ

漫画「皇帝の子供を隠す方法」49話のネタバレ

テオールが倒れたので、カイゼンはテオールを抱えて馬車まで走り、セルヴェルは邸宅に医者を連れてくるために走った。

アステルは、カイゼンらと共に馬車に乗り込んだが、苦しむテオールを見てふらつく。

カイゼンが、お菓子を食べてからテオールがおかしくなったので、どこから持って来たのかとアステルに尋ね、アステルは、屋台で売っていた食べ物だが、他の子供も食べていたと説明する。

次に、食べ物の持病はあるのかと訊かれ、アステルはリンテールに気づく。

リンテールは帝都の近くでしか採れないので、テオールはリンテールを食べたことがなかった。

アステル自身がリンテールを食べると具合が悪くなること、レストン一族でリンテールアレルギーなのはアステルのみであることを思い出す。

従甥であるはずのテオールが、アステルと同じ体質だとバレるのはまずかった。

邸宅に到着し、テオールを診てもらうと、やはり食べ物が原因のようだった。

調査では毒が混入した可能性は低かったので、屋台で使われた食材のリストを確認することになった。

そこにリンテールが書かれていたので、アステルは正直に、リンテールは口にしたことがないと答えた。

すると医者から、家族にリンテールに過敏なものはいないか、食べ物の持病は主に遺伝だと言われたので、アステルは呆然とする。

カレンベルク侯爵が、亡き妻がそうだったと誤魔化した。

医者は、テオールを2週間安静させるよう指示し、セルヴェルと共に帰った。

カイゼンはいつの間にか帰っていた。

アステルのこの体質を知っているのは、父、兄、祖父、ハンナの4人である。

アステルは、心配してくれるハンナに、テオールが皇帝との子供であること、テオールの瞳の色は薬で変えてあること、テオールが皇帝の子供だとバレたらテオールの身が危険になることを打ち明ける。

一方、険しい表情のカイゼンは、急ぎ自身の執務室に戻ると、仕事していたベリアンに、テオールの出生についてすぐに調べるよう命じるのだった。

漫画「皇帝の子供を隠す方法」49話の感想

テオールは、リンテールアレルギーでした。

33話でも、アステルがリンテールを避けて食べていたので、フローリンがテオールの生まれを詳しく調べるよう、命じていましたね。血縁関係を特定できるほど、かなり特殊なアレルギーのようです。

カイゼンもアステルのリンテールアレルギーについて知っていたようなので、アステルが皇太子の婚約者であるときから、アステルについて皇室も政敵も詳しく調べていたのでしょう。

テオールは安静にしなければならず、まだ首都にいなければなりません。

カイゼンは、目の色は違えど、テオールが自分とアステルの子供だと気づくでしょうか。どうせなら早く気づいて、テオールを護ってほしいですね。

フローリン側にすれば、確証がもてなくても、テオールを消してしまえば解決する問題です。

レストン公爵の耳に入れば、娘の持病をよく把握しているでしょうから、ここぞとばかりにテオールを利用するために、奪おうとしてくるでしょうね。

医者を連れてきたのはセルヴェルですが、エクレン伯爵が何を考えているのかわからないので、もしかしたらこの情報がもれて、厄介なことになるかもしれません。

ここまで強敵が揃っていると、テオールを護れるのはカイゼンだけなので、カイゼンに頑張って欲しいですね。


それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください