漫画「接近不可レディー」59話のあらすじと感想!ネタバレ有り


※全話一覧・登場人物まとめはコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「接近不可レディー」原作:Kin、作画:ZI.O、原題:접근 불가 레이디

毎週月曜に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「接近不可レディー」59話のネタバレ

ヒリスは、看守の男について、殺すしかなかったと言う。

さらに、復讐したがっているのを手伝うと言い、目を光らせている魔獣たちに、異能の蔓を使って男の死体を与えた。

アクシオンはため息をつくと、ヒリスの異能は痕跡が長く残るから、力を使うのではあれば自分が代わりにやると言い、作動中のヒリスの異能を自分の異能で相殺した。

その場所から移動しようと、隠し扉を抜けると、一般的な内装の部屋に出た。

するとヒリスが異能の流れを感じ取り、思わず早足になる。

だが人の気配がしたので、アクシオンが彼女を抱き寄せ、物陰に隠れる。

現れたのはテルゾとリカルドで、二人の話では、住む場所が無くなったリカルドがテルゾを頼り、テルゾはこの別荘に受け入れたようだった。

二人のうちどちらかが、宝石に変わる遺物を持っているようだ。

アクシオンは、二人の気配以外にも、嗅ぎ慣れた香りがほんのり漂っていることに気づき、ヒリスを送った後で調べてみようと考える。

するとヒリスが異能を使い、アクシオンとともに帰った。

リカルドは、父が寝たきりになったままであることや、ガブリエルが夕方でかけたまま帰ってこないことなど気がかりなことはあったが、テルゾのおかげで路頭に迷わずに済んだので、ほっとしていた。

ドアの前に落ちていた鍵をテルゾに渡すと、テルゾは、間違って落としたのだろうと言いながらそれを受け取る。

そして、この屋敷のどこでも自由に出入りしてもらって構わないが、説明した立ち入り禁止の約束だけは守ってほしいと指摘する。

リカルドは、立入禁止区域の妙な匂いが気になっており、テルゾに得体の知れないものを感じて震えるほど不安だったが、表に出すことなく、笑顔で対応するのだった。

漫画「接近不可レディー」59話の感想

あの扉で移動した先は、テルゾの屋敷でした。だから魔獣がいたのですね。しかもアクシオンの母、ゼノンもこの屋敷を訪れているようです。

また、宝石に変わる遺物は、テルゾが持つ鍵でしょうか。リカルドが手にもっていたのを見たときに、表情が変わりましたね。

もし鍵が遺物なら、テルゾからはなかなか回収しづらいですよね。リカルドなら勢いで奪いとれそうなのですが。

そのリカルドは、頼れる相手がいないので、テルゾに保護してもらっていました。なかなかに悪用されそうです。リカルドも、見返りは何を要求されるのかと不安がっていました。

ディエゴは酷く老化しましたし、ガブリエルもイノアデンの血筋でも何でもないので、4大家門の誰かを使って何かするならば、リカルドしか使い道はないでしょう。

さて、様子を窺っていたヒリスとアクシオンですが、テルゾとリカルドが通り過ぎた後、ヒリスが異能で転移しました。

ヒリスの異能は残り香が強いので、ばれるのではないかと心配になります。でも既に看守の男が消えているので、次回来るときには、厳重警戒されているのでは。侵入後が難しそうです。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください