漫画「緑陰の冠」71話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「緑陰の冠」原題・녹음의 관 

ピッコマで1~3話まで一気読みできます。毎週火曜に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

小説版の物語の前半をざっくりまとめたものはコチラ

漫画「緑陰の冠」71話のネタバレ

ドワーフは、どのような技術を持っているかを自慢するのが挨拶のやり方なのだが、そのような技術のない人間は、その技術に興味をもっているという態度が求められた。

そのことを知っているランは、黒山族の族長ラクトと上手に挨拶を交わしたので、ラクトに受け入れてもらえた。

族長にもてなしてもらったが、出されたお酒のアルコール度数が高かったため、ランは苦労した。

ランはラクトに、山鳴りがするのは、鉱泉水が噴出しそうなのではないかと話す。

そして仮説として、鉱山の地中深くには精霊が眠っており、精霊が水脈に影響を与えるから山鳴りがするのではないか、その精霊が目覚めるときに水脈に触れて噴出させてしまったら、取り返しがつかなくなるのはと説明する。

実際にみてみないとわからないが、私が氷壁の当主であることはわかってほしいと言うと、ラクトは鉱山の調査を許可した。

ランは、手遅れになる前にとすぐに調査に向かい、ユスタフは、姉を一人で向かわせるわけにはいかないと、同行した。

そしてラクトの案内で現場についたが、まるでクジラの声のような音が聞こえ、ユスタフの首にかかっていた青炎の指輪が光りだした。

大きな音がしたかと思うと崩落がはじまり、ランとユスタフは鉱山に閉じ込められてしまった。

暗くてよく見えない中、ランはユスタフの体を触りながら無事を確かめる。

ユスタフが抱きつくようにランに近づくと、彼女に触れて無事を確かめたので、ランは赤くなる。

立ち上がって移動しようと考えるランだが、足首をひねってしまっていたのだった。

漫画「緑陰の冠」71話の感想

ドワーフとの挨拶の仕方など、ランは色々な情報をもっているので、どこに行って成功できそうですよね。

今回も族長に気に入ってもらえたので、鉱山の調査を許可してくれました。

ランの話に半信半疑だったとは思います。ユスタフも妙な話だと思ったかもしれないですが、彼は口を挟みませんでしたね。ランを信じ切っています。

そのユスタフの真っ直ぐさ、もしくは強い思いのおかげで、崩落の際、ランはひとりぼっちにはなりませんでした。あの状態で自分一人だけだったら、パニックになりそうです。

さて、閉じ込められてしまった二人ですが、ランがラクトにほのめかしたように、崩落は精霊が関係しています。青炎も反応していましたね。

今回の精霊は、どのようなデザインなのか楽しみです。また、ランとユスタフの関係の変化も気になります。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください