漫画「実は私が本物だった」最新話78話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※各エピソード一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「実は私が本物だった」原作March、漫画yuun、原題 사실은 내가 진짜였다 

毎週土曜日に最新話が更新されます

登場人物まとめはコチラ

前回のエピソードはコチラ

漫画「実は私が本物だった」最新話78話のネタバレ

キイラは、コゼットにとって精霊石が目的だと教えてくれてありがとうと笑った。

コゼットは、キイラにはめられたと気付き、怒りで暗いオーラが体から漂いだした。

そしてキイラに殴りかかったが、キイラに掴まれ、暴力を見逃すのは1度で十分なはずだと突き飛ばされた。

キイラは、コゼットが謹慎中の間に皇女殿下主催のピクニックに参加して、コゼットがキイラの悪い噂を広めたよに、コゼットの近況報告をしてくると言い、立ち去った。

精霊石を手に入れた場合、数百年続いた精霊との契約と結界を、維持するか、破壊して世界を大混乱させることができる。

正常な人なら破壊を望まないが、石女の濡れ衣を着せられた上に、ロエナを殺されたバインベルグ伯爵であれば、パルビス大公家とエディンバラ侯爵を破滅させるために、禁じられた暗黒魔法で魔族と契約するかもしれなかった。

魔族との契約の代償として戦争の再開を要求され、結界を破壊するために精霊石を手に入れる必要があったのではないか、そのためにパルビス家に潜り込めるよう大公と瓜二つのコゼットが必要だったのではないかと考えた。

そしてコゼットの正体は、暗黒魔法で救ったロエナの娘で、キイラの異母姉だった。

コゼットと血が繋がっているのは嫌だが、これでバラバラだった仮説の整理がついたと、キイラは納得した。

ふとガラスに映った自分を見て、エレズが贈ってくれたお護りのピアスに、ヒビが入っていることに気づくのだった。

漫画「実は私が本物だった」78話の感想

いよいよ核心に近づきましたね。コゼットの正体と目的が明らかになり、とてもスッキリです。

もともとの原因は、パルビス大公家なのでしょうね。それに群がったエディンバラ家ですが、他の家もパルビス家に群がりたかったでしょうね。バインベルグがどうだったかはわかりません。

冤罪でロエナを殺された怒りは、大陸中の死を望むほどのものでした。自分たちさえ良ければ良いと、その極端さは、エディンバラとパルビス家と同レベルなような。

コゼットは魔族によって生き返ったか、死体を利用されているかなので、魔族の力を帯びていました。

エレズのお護りが役に立ちましたね。あのまま叩かれていたら、どうなったのでしょう。

ヒビが入ってしまったので、次にコゼットと接触する前に、エレズから新しいものをもらわないといけませんね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください