漫画「目覚めたら怪物皇太子の妻でした」最新話54話のあらすじネタバレと感想

※全エピソード一覧はコチラ

漫画アプリcomicoで連載中の「目覚めたら怪物皇太子の妻でした」原作 Jang Namu 、作画 Hagwa(STUDIO WOOGII)、原題 괴물 황태자의 아내가 되었습니다

毎週土曜18時に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「目覚めたら怪物皇太子の妻でした」54話のネタバレ

テステオンのもとには、皇太子宮に出入りすることに対しての抗議や、アンシアについての批判、幽閉要求まで、カシル公爵派から寄せられていた。

今はまだカシル公爵派が騒いでいるだけで済んでいるが、ブレイクが呪いの継承者である以上、いずれ世論を巻き込んで大きな声になるかもしれず、テステオンは頭を抱えていた。

そこへ銀漢が戻ってきて、白漢は無事だったが、白漢には自分しかいないから、彼を護るためにチャン国に戻ると話した。

テステオンにはとてもお世話になったが、最後まで守れなかったと頭を下げるので、テステオンは、ここまで守ってくれたのだからと言い、これまでの礼として、黄金鉱山の権利証を渡そうとした。

銀漢は、突然去るだけでも申し訳ないので受け取れないと断ろうとしたが、テステオンは、白漢を護るにも力が必要だろうと言い、謝礼金として受け取らせた。

いつでも帰ってきて良いと言うと、銀漢は、この恩はいつか返すと誓い、チャン国に戻った。

テステオンは、まだ若い銀漢が家族のために傷つく道を選んだが、自分はどうだったかと省みる。

このままでは大事なブレイクとアンシアを護れないから、帝国最強の皇帝として、家族には手出しさせないと決断したのだった。

そうして現在、テステオンは皇太子宮を訪ね、いつものように食事を一緒にとるだけではなく、演武場で一緒に剣術をしようと誘ったのだった。

ブレイクは驚きすぎて、嬉しい反面、つい遠慮してしまったが、アンシアに背中を押され、テステオンの後をついて行く。

だがテステオンの歩幅が大きく、追い付けなかったため、テステオンはブレイクを抱き上げた。

そこまでお子様ではないと恥ずかしがるブレイク。

しかもアンシアも一緒に抱きあげられ、アンシアも恥ずかしさで顔が真っ赤になってしまった。

ブレイクは顔を赤くしたまま、テステオンの服をぎゅっと掴むのだった。

漫画「目覚めたら怪物皇太子の妻でした」54話の感想

白漢はなんとか無事だったようですが、銀漢は帝国を離れることになりました。

信じられるのが銀漢しかおらず、あのまま死のうとしていた白漢をみたら、そのまま放置するわけにはいかないですよね。白漢によって、皇帝に指名された銀漢が皇位につき、国を変えることができれば、再び帝国に戻ってくることができますね。

とても時間がかかることですし、相当な苦労をするのでしょう。その頃には、ブレイクの呪いも解かれていそう。

ブレイクとアンシアは順調ですが、ブレイクが呪いの継承者で周囲から忌み嫌われる存在なのは変わりなく、カシル公爵はブレイクの評価を使って、テステオンを蹴落とそうとしています。

テステオンは、ブレイクに身を尽くすアンシアの影響か、大切な家族を護るために、積極的に動くことにしたようです。

テステオンの行動に影響を与え、ブレイクとの親子関係が良くなっているようなので、カシル公爵の横暴は結果的には良かったのかも?


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください