漫画「目覚めたら怪物皇太子の妻でした」最新話53話のあらすじネタバレと感想

※全エピソード一覧はコチラ

漫画アプリcomicoで連載中の「目覚めたら怪物皇太子の妻でした」原作 Jang Namu 、作画 Hagwa(STUDIO WOOGII)、原題 괴물 황태자의 아내가 되었습니다

毎週土曜18時に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「目覚めたら怪物皇太子の妻でした」53話のネタバレ

アンシアが、自分が光の継承者であったことを言うと、白漢は、アンシアがとても光り輝いていたので、会った瞬間にわかっていたと言う。

アンシアの持つ光の力はとても強く、ブレイクの呪いが広まるのを防いでいるらしく、ブレイクの体の中でぶつかりあっている力も、アンシアの力があれば解くことができるそうだ。

それを聞いたアンシアは、ブレイクのそばを離れなくて良いのだと安堵したが、突然、白漢が倒れてしまった。

術法を使ったためか、白漢の容体はどんどん悪くなった。

銀漢が駆けつけ、白竜の選択を受けた者が、国から遠く離れた場所で竜力を使い果たすと、命を失うことを忘れたのかと言う。

白漢は、白竜の選択を受けて周りに人が増えても、選択を受ける前は蔑んでくるような人ばかりだから、心から信じられる銀漢がそばにいてくれないと意味がない、一人で地獄に戻るならば兄のそばで儚くなりたい、だから皇太子妃に協力したのだと打ち明ける。

銀漢が、何故今頃そのようなことを言うのだと焦る中、白漢は、幸せになってくださいと言い、気を失った。

銀漢は涙ぐむアンシアに、すぐにチャン国に戻れば間に合うと言い、チャン国へ旅立った。

ずっと戻ってこないので、アンシアは寂しく感じていたが、ブレイクの方は、愛する妻がいるから寂しさは感じないようだ。

呪いを解く方法が見つかったが、男女の密接な関係が必要なため、アンシアはブレイクに、もう少し大きくならなければ呪いが解けないと言う。

演武場に向かう途中で、アンシアとブレイクは、テステオンに遭遇し、一緒に行くことになるのだった。

漫画「目覚めたら怪物皇太子の妻でした」53話の感想

アンシアは、ブレイクの呪いを解く力がありました。しかもそばにいるだけで、光の力が結界となり、呪いを抑えていました。

最近ブレイクが死にかけたのは、アンシアのせいでも何でもなく、たまたま悪化しただけみたいですね。

アンシアは思いつめていたのがなくなり、手を握りしめて喜びを噛みしめているようでした。良かったですね。

ブレイクが呪われている以外は、原作の流れからほとんどずれてしまっているので、ブレイク側は成長以外は何も問題ないようです。

問題は、白漢の状態が悪いことですね。白漢は原作に登場しない人物のようですが、今後どう関わってくるのでしょう。願い通り、銀漢を皇帝にするのでしょうか。

そもそも銀漢は戻ってくるのでしょうか。

石版のことも不穏なままですよね。呪いを解くと同時に、全てが明らかになるのでしょうか。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください