漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」177話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」原作sosori、漫画Antstudio、原題・해골병사는 던전을 지키지 못했다

何度死んでも記憶と能力を維持したまま復活する、無名のスケルトン兵士が主役のダークファンタジー漫画です。

毎週土曜日に最新話が更新されます

※前回のエピソードはコチラ

※登場人物まとめはコチラ(ゆっくり編集中です)

漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」177話のネタバレ

※主人公の骸骨兵士は『彼』で、他の男性キャラクターは個人名でまとめてあります。

レアンドロは、鎧も着ずに女性を侍らせていた青獅子騎士団長をあっという間に倒し、騎士団長の手を踏みつけると、偽者ではないのかと言う。

騎士団長は、10年前に騎士団の改革があり、騎士団に入団すると男爵の爵位をもらえるようになったので、自分は爵位をもらうためにやっているのだと、必死に説明する。

あの日から10年経ち、ガルベラを倒せるかどうか腕試しをするために青獅子騎士団まで来たが、騎士団とは名ばかりだった。

レアンドロは、お前らせいで大勢の実力者がチャンスを逃したのだから、死ね、と言い剣を振り上げた。

そこへ、ドレスを着た筋骨隆々のたくましい男(少女公爵)がやってきて、このようにいい男がいたかと言い、一瞬でレアンドロに近寄ると、その顔を掴んだ。

これまで誰にも許さなかった自身の背後をとられ、レアンドロは慌てて飛びのく。

レアンドロに一目ぼれした少女公爵は、レアンドロを挑発したので、レアンドロは少女公爵に斬りかかった。

少女公爵とは実力差があり、軽く振り払われる。

勇者なのかという少女公爵の問いに、レアンドロは、自分の実力を知るために来たと答える。

青獅子騎士団はお飾りだと帝国中が知っているのかと言われ、レアンドロは、そのようなことは知らない、ただ母が最高の騎士団だと言っていたからだと答える。

それを聞いた少女公爵に名を聞かれ、レアンドロは、バティエンヌ・フォン・レアンドロだと答えると、復讐しに来たのかと、少女公爵の顔つきが変わった。

レアンドロは咄嗟に剣気を放つが、少女公爵はそれを払う。

そして、レアンドロの整った顔に、強そうに見えてか弱い姿は、復讐にきたおとぎ話の王子様ではないかと、少女公爵はうっとりした。

レアンドロが少女のように振る舞う少女公爵に、冗談はよせというと、少女公爵は冗談ではないと怒りを見せた。

だがレアンドロが自分の攻撃を跳ね返したことで、さらにときめいた少女公爵は、望むものを全て与えるから、自分たちの騎士団長になって欲しいと誘った。

レアンドロは、今はこの男に勝てないことはわかっていたので、事を荒立てようとはしなかった。

ミユがやってきたので、レアンドロはミユにまたがりその場を去る。

少女公爵は、レアンドロとの出会いは運命だから、また自分のところに戻ってくると考え、レアンドロを引き留めなかった。

その後レアンドロは、ガルベラが10年後にまた姿を現すことから、出現が疑われる場所へ移動するのだった。

漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」177話の感想

青獅子騎士団は、10年前にレアンドロの母デサリーが亡くなって以来、かつての輝きはなくなり、ただの腰掛けの集まりになっていました。

デサリーの部隊が全滅したときに、優秀な騎士が軒並み死んでしまったのでしょうか。

少女公爵は、バティエンヌ姓を聞いて、復讐かと疑っていたので、デサリーの死は仕組まれたように見えるほど不自然なものだったようですね。

そして色々と怪しい皇室の血筋らしき少女公爵と、母を殺されたレアンドロとの出会いは運命だそうなので、デサリーの死の真相を少女公爵はよく知っているのでは。優秀な騎士達を殺すメリットは、皇室に従わないものの排除等でしょうか。

青獅子騎士団が腑抜けの集まりになったのも、デサリーたちのような者が二度と出てくることがないようにと、仕組まれたものでしょうか

少女公爵ですが、レアンドロとの出会いで服装など変わったのかと考えていたのですが、もともとあの格好だったのですね。偏見があるわけではないのですが、レアンドロとの出会いがどれほど少女公爵に影響があったのか気になっていました。特別、レアンドロのために趣味嗜好を変えたわけではないのですね。

過去ではレアンドロと少女公爵の実力にかなりの差がありました。現在の決闘にむけてのエピソードなのでしょうけど、一応騎士としての出会いになるのでしょうか。爪で戦うかと思ってました。

少女公爵は既にかなりの権力をもっているようですが、立場としては現在のものと変わりはないのですかね。

ミユは成長途中なのか、レアンドロの体格に対し、かなり小柄に見えました。早く成長して欲しいですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

19 COMMENTS

TaoCheng

少女公爵は寸分変わらず現代のままでしたね。シグルイの伊良子清玄のような妖しげな美青年を予想していましたが、アジュラの魔法使い達のように不老なのか、もしくは正体がガルベラなので生まれた(改造された)時から変わらないのか、、、
今回、少女公爵は酒場で喧嘩をする海賊のような表情を見せてたので、レアンドロの影響でかなりお淑やかになったと思われます。もしかしたら現代でも自分の騎士団の中などでは男らしく下品な冗談の一つも飛ばしているかもしれませんが。
蛇のチョーカーを既に着けているところを見ても少女公爵は既にビブリオと接触しており、レアンドロの背後に急接近出来たのは“隠ぺい“の権能を使用した可能性がありますね。
果たして彼は決闘で正々堂々闘えるのでしょうか?今回レアンドロの剣を踏み付けてしまうあたり今一つ騎士道を理解していない気がしますが、、、
以前、骸骨の彼がブロディ・バルドフ相手に“暗黒“の使用を控えてるので可能かとは思いますが、魔法や権能を使った戦闘スタイルから剣士に戻るためには、やはり3日くらいの猶予が必要かもしれません。

返信する
猫野

少女公爵の過去の姿は意外でしたね。魔法に長けているので、不老かもしれません。
蛇のチョーカーの存在には気づきませんでした。なるほど、ネクロンの仲間であれば蛇の入れ墨を入れますが、少女公爵は能力を借りているだけなので、チョーカーで一味であるアピールしていたのですね。
少女公爵は、一応剣を使って戦っていましたが、爪でも戦えるので騎士道を重視しておらず、今回はレアンドロに合わせて剣を使用したのでしょうか。騎士としてと言っていたので、決闘も剣を使用しそうですよね。

返信する
TaoCheng

ところで今回のネタバレ本文の少女公爵が皇室の血筋というのは本編の話に出てきましたっけ?
モンスターを素手で引き裂くようなセイロンの闘法を伝承しているとかでも面白いですが、彼の行動の無軌道ぶりを見るに帝国や皇室にこだわりがあるとは思えない気もします。
魔界の扉を開けようとしたり首都を壊滅させたりしてますが、レアンドロの誕生日プレゼントを用意している段階では、まだ正気の人物に見えます。
南部連合が出来てから、かなりの時間が経っているようですがプレゼントの準備はできたのでしょうか?彼が決闘で死んだらレアンドロのオフィスに届いたりするのですかね。ものすごい政変の最中になるかと思いますが。

返信する
猫野

すみません、本編にはハッキリとは書かれていなかったですね。確実に違うビブリオには『名誉』がくっついていたので、なら少女は皇室の血筋なのではないかと考えていました。公爵にもprinceとdukeと二通りあるので詳しくはわからないですが、少女公爵の血統についていつも断言はしないように「血筋っぽい」程度におさめていたつもりですが、うっかりしてました。直しておきますね。
私としては、悪魔崇拝者など宗教裁判があり、各々の言動が厳しく取り締まられるような世界で、あのように自由な服装と行動ができるのは、皇族の血筋でもないと許されないイメージです。
レアンドロへのプレゼントは、一体どのようなものなのでしょうね。確かに帝国が大荒れしていそうですね。

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

ここで年表を少し整理してみましょう:(元の言語である韓国語の原作漫画を確認しましたが、レアンドロの特定の年齢設定は、日本のピッコマによって翻訳されたバージョンとは異なるようです。ここでは原作漫画を標準とします)

前のシーンの16歳から3年後、現在の19歳はすでに10年の期限に達しています。言い換えれば、デサリーの死は彼が9歳のときに起こりました——

まず、空想の母と一緒に特訓をして3年経ちましたので、父が残した研究を見る時のはガルベラ再現あと7年ですね。この時12歳。

ついに母の幻想に勝つ時は14歳で、旅立った。つまり、父親が残した知識を学ぶために使われる時間、前のシーンとの間には2年のギャップがあります。

そして2年後の16歳で、彼は賞金ハンターとして生きていました。
そして3年後の19歳で、彼は青獅子騎士団を訪れ、ガルベラと戦う準備ができていました。

上記では、数字は一致するので、該当タイムラインの正しい理解であるはず。

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

ちなみに、なぜそんな違いがあるのでしょうか?単なる入力ミスではないでしょ?でも、意図的に1歳くらいの年齢設定を変更する理由は考えられません。(とある日本の社会文化に関連してのローカリゼーションか?)
純粋に作品の設定の観点から、レアンドロが特定の人生成就点(各段階での強さ)に達する年齢を減らすことは、ただ無駄にレアンドロをより天才に見せると思います——元の設定はすでにかなり天才的で、さらに強く強調すると少しやりすぎに見え、「設定」の極端で牽強さがどんどん浮かび上がってきます。全体として、この物語の「時間」や「努力」などの概念の重みも軽減され、世界がより安易になり、格落ちと見えなります。

返信する
TaoCheng

おそらく訳者が過剰に“東洋“を意識しており、確かに古来の中国や日本では出生の時点で1歳とカウントしており、一般的な年齢の数え方から1引かなければなりません。

間違いないのは、この作品の翻訳は混乱しており、以前私が指摘したベヘモット→ベヒモスもそうですし、最近ではレアンドロの愛馬「ミユ」が海外版では「マイロー」だったり色々とおかしいのですが、それらも使徒時代→セイロンほどの違いではないので寛容に考えるのが良いかもしれません。

返信する
猫野

他作品にもたまにある年齢表示のズレは、TaoChengさんの言う通り、数え年(誕生時で1歳)、満年齢(実年齢)の違いのようですね。
ただ、誤字なのか翻訳ミスなのか、怪しい部分があちこちにあるのは間違いないですね・・・

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

レアンドロは、帝国の誰もが知っている青獅子騎士団の現状については何も知らず、普通の世俗社会からはかけ離れているようで、強くなってガルベラを倒しために必要な情報を集めるだけで生活するのようですね。

10年前の青獅子騎士団のリストラは、組織的な粛清かもしれません。
これを考えると、少女公爵はただたまにここでいるだけではありませんよね?彼は現在の青獅子騎士団と何の関係があるのでしょうか?
彼の発言から判断すると、これは実際には「彼の」騎士団ですか?実際に現在担当している(実権を持っている)のは彼でしょうか?

また、ここで彼の言葉や行動(キーワード「バティエンヌ」への過剰反応)は、理由もなく相手に情報を提供することと同じです。しばらくの間彼の感情を制御できないですか?それなら彼はかなりの程度まで事件に関わっている関係者でなければなりませんね。(多くの個人的な感情を投資しましょうね。彼はデサリーと何か関係がありますか?)

少女公爵がレアンドロに「恋」をする具体的な根拠は一体何でしょうか(バティエンヌ家の人間とデサリーの息子としての前述の身分とは別のことであり、態度は完全に異なりますのようです)、そして身分はかなり敏感なレアンドロで何をするつもりですか?

レアンドロが少女公爵の攻撃を跳ね返したの「潜在的なもの」を演出するというシーンに関して、ある種の剣気応用技術などのものが少女公爵に大好評だったように思われますか?

少女公爵が言った「運命」に関して、彼はこの偶然(これまでのところはそうですね)の出会いでどのくらいの必然性を見ましたか?一見、まだわからないことがたくさんある、レアンドロやバティエンヌなどの概念にまつわる黒幕がたくさんありますね。

将来の展開は、少女公爵が言ったように、レアンドロが青獅子騎士団に戻って、テバルドをポコポコされて追い出すことを想定ですので、私はそれを楽しみにしています。

返信する
TaoCheng

少女公爵が青獅子騎士団を査察に来たのは本当に偶然で、だからこそ彼は“運命“をかんじたのでしょう。

ちなみに少女公爵は堕落した青獅子騎士団を担当していないと思います。彼は無能の者に非常に厳しい態度です。とはいえ152話の彼が団長の赤マントの騎士達も、それほど有能に見えないので表向き寛大な人物を演じているのかもしれません。

少女公爵がレアンドロに恋に落ちたのは、レアンドロの見た目もそうですが、社会的に誰からも恐れられ避けられる(ビブリオを除く)少女公爵を切望する存在だからでしょうか。親の仇として討伐されるとしても、その運命の日まで切っても切れぬ関係は少女公爵の人生の中で最も重要になることでしょう。

テバルドとレアンドロは微妙な関係がしばらく維持されると思います。剣気有りの勝負ならテバルドが即死して終わるでしょうが、木剣などでは良い勝負となり周囲からライバル扱いされるも、実力の違いはテバルド自身が一番良くわかるという、、、

返信する
TaoCheng

と書いている間に178話が来てしまいましたが、上でレアンドロが少女公爵を切望するというのは、おそらく少女公爵はデサリーを殺した犯人(彼がガルベラそのものかは判りませんが)で、レアンドロが真実を望めば必ず少女公爵に行き着くという意味です。
もし少女公爵とデサリーを殺したガルベラが別で、茎にデサリーの形がそのまま残っていれば、ビブリオに切除→自立歩行というように改造してもらえば良い気がしますが、そんな事が出来るとは誰も思いませんよね。

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

そうですね、これが現時点で総合的に最も自然な解釈だと思います。

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

なるほど、他の深い意味やそれ以上の黒幕な話はないかもしれません、それは本当に単なる「私が恋に落ちたのは、たまたま10年前に私と関係を持っていた家族の息子でした」というなろう系タイトルについての彼の感想であり、レアンドロとバティエンヌは単に2つの無関係な概念である可能性があります——彼はここでは前者だけを気にしているので、過去10年間、このデサリーの息子を関心していません(ある種の陰謀論的なの長い糸をつけて大魚を釣るではありません);さらに、レアンドロへの彼の関心も純粋に個人的な好みであり、他の陰謀とは何の関係もないかもしれません。(彼が重要な「駒」になったのは偶然であり、彼なしで将来の計画のための他の候補者がいるはず)
しかし、私が以前にそう推測した理由は、過去の物語の内容を考察したのもののため:レアンドロの情報管制のレベルは異常(2つの公爵の上にいることのポイントは何ですか?)、複製体軍団の問題もあり、そして、ビブリオなどの皇室側の人々が彼をわざわざ遠回し扱うの理由など(それは明らかに、本当に彼に対処したいのであれば、単に対処できるパワーギャップでありはず)。さらに、物語の中に位置とそれぞれの生の最期は、人々は彼が単なるランダムな存在ではなく、特別な「運命」を持っていることを想像せずにはいられません。

無能に対する彼の態度の認識は、彼が部下(幽霊)をどれほど残酷に扱っているかから来ていますよね?
また、152話では、彼は自分の感情をエラストのメイドに思いのままに発散しました。特に表向き寛大な人物を演じているを求めていなかったようで、彼の本当の考えを抑制しただけです。(ちなみに、皇室情報機関はもともと特に厳しい方針で構築されるのようでした)

結局のところ、強さのギャップはすでに非常に大きいので、深刻な勝負があってはなりません。私が楽しみにしているのは、彼がどうやってテバルドのメンタルを完全に崩壊させ、そのように堕落させるの展開です。
TaoChengさんが考えた展開は非常に説得力があり面白いものですね。

返信する
猫野

デザリー達も青獅子騎士団のリストラも、大勢の騎士が同じ年に皇室からいなくなっているので、何かあったように見えますよね。
少女公爵の立場ですが、TaoChengさんが指摘したように少女公爵が既にビブリオと接触しているのなら、幽霊を使って各騎士団を監視しているのかもしれないですね。爵位が欲しいだけの下位貴族しかいないのなら、騎士団の実権は裏で少女公爵が握っているのかなと思います。
少女公爵の恋ですが、少女公爵の言葉とおり、悲劇の王子様な部分が少女公爵のツボだったのかなと思います。そしてデサリー事件について、かなり深く関わり内情を知っているからこそ、その気持が高まったのではないかと。レアンドロの才能もその恋を後押しした可能性はあると思います。
デサリーとガルベラの事件のことがもう少し知りたいですね。
デバルドは、冒頭で正座させられている中にいたら面白いなと思ってしまいました。

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

猫野さんとTaoChengさんが上で与えた様々な解釈はかなり納得できると思います。

デバルドwww
しかし、正直なところ、それが本当にこの種の展開である場合、つまり、この時点で、レアンドロがすでに彼の圧倒的な強さによって彼を鎮圧しているたら、デバルドがレアンドロをライバルと見なす考えはまったくないはずですよね?彼がそのような嫉妬と恨みなどを持つそして事後に堕落されたことのはも難しいそうです。
いずれにせよ、少なくともレアンドロの存在により、その後の青獅子騎士団は大きな変化を遂げ、この一連の変化の中で、デバルドが追放されたメンバーの一人となったのは事実です。
さらに、青獅子騎士団の設定は、帝国騎士であるはずだったのメンバーのデバルドが剣気をまともに使用することさえできなかったという疑問を解明しています。(前に、私たちがいつもそれが彼らの研修生の期間か何かであると仮定する)

返信する
猫野

なるほど、確かにデバルドは剣気が使えずとも帝国騎士団にいましたね。
デバルドはあれだけ堕落した騎士団の中で、帝国剣術を習得したまともな意識をもった剣士だったので、入団当初は実力を見てもらえず、レアンドロが来てからは内面を見てもらえずに追い出され(実力不足で追い出されるのは仕方ないですが)、散々な思いをしたのでしょうね。

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

なるほど、そのようなパターンもありますよね。
これまでの考察では、デバルドのレアンドロに対する一方的な逆恨であると考えることに焦点を当てすぎていましたが(同じ研修生など、同等の立場とみなされますから)、実際には、剣術がすでに達者のレベルに達したレアンドロは、権力者の立場から間接的ではなく直接的でデバルドにチャンスを与えずに彼を追い出す可能性があります。

返信する
猫野

レアンドロが、どのような立ち位置で騎士団に戻ってくるかで、変わりそうですよね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください