漫画「その騎士がレディとして生きる方法」63話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※全話一覧はコチラ

無料マンガアプリ・LINEマンガで連載中の「その騎士がレディとして生きる方法」그 기사가 레이디로 사는 법

原作:ヘリム、文・絵:Ink

毎週金曜日に最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「その騎士がレディとして生きる方法」63話のネタバレ

窮地から抜け出せたルシフェーラに、ジェザカイアが駆け寄り、無事で良かったと震える手で彼女を抱きしめた。

糸蛇虫は、騎士でも知る者が少ない魔物なので、まさか貴族令嬢が知っているとは思わず、ポエル伯爵はなんとも言えない表情をしていた。

ルシフェーラは何食わぬ顔で、この馬を走らせるのは楽しかったからこの馬が欲しいと、ジェザカイアにおねだりし、ジェザカイアもルシフェーラの演技に付き合い、快諾した。

ポエル伯爵は、なんとか別の馬に変えてもらおうと、その馬はまだ準備ができていないと言いかけたが、ジェザカイアに、まさか準備のできていない馬にルシフェーラを乗せたのかと指摘され、黙るしかなかった。

ルシフェーラは、ポエル伯爵の相手をジェザカイアに任せ、残されたもう一人の敵・メルローズの方へ向かう。

ルシフェーラを心配し、今にも泣き出しそうなクロレンスが駆け寄ってきた。

ルシフェーラはメルローズに、皇宮の事故のようなことが起きるか伯爵夫人は心配していたが、伯爵夫人の言う通りだったと言う。

すると、周囲は、メルローズの言動についてざわつき始めた。

焦ったメルローズは、ルシフェーラに向かって、私が仕組んだことだと言うのか、馬に問題はなかったはずだと主張する。

するとルシフェーラは、立派な馬だと言おうとしただけだと、他意はないような顔をしてすっとぼけた。

騎士であり馬に詳しいジェザカイアが馬に問題ないと判断したと言い、とても刺激的な経験ができたと、ルシフェーラはメルローズを挑発する。

メルローズは怒りと焦りで顔色が悪かったが、ルシフェーラの言葉を利用して場を収めようとした。

だがクロレンスが厳しく指摘し、まずはレディにケガがないかきくべきではなかったのか、今回の対応は残念だったと言う。

するとレインが、確かにこれでアイディン伯爵令嬢が怪我するのを望んでいるようだと加勢した。

いつの間にか、皆がメルローズに悪い意味で注目し、そしてメルローズから離れていった。

ルシフェーラは、本物のルシフェーラの気が済んだだろうかと思う。

その後ルシフェーラは、クロレンスの手腕を褒めた。

クロレンスが、ルシフェーラは魅力的であることを話すが、その言葉を聞いていたルシフェーラは、カーリッドを思い出すのだった。

漫画「その騎士がレディとして生きる方法」63話の感想

今回は、それぞれが名演技してましたね。他意はないかのように大げさに振る舞い、遠回しに皮肉を言いました。

ポエル伯爵は馬の管理が杜撰だと評価されたでしょうし、その妻メルローズは、事故を起こした家のくせに、招待客の心配もせず、自分を正当化しようとしているだけです。

皆が離れていってしまいました。身から出た錆ですが、社交界を牛耳っていたメルローズには、耐えられない結果でしょうね。

ルシフェーラに好意をもつようになったレインと、クロレンスの連携がうまくいきましたね。

ジェザカイアは、ポエル伯爵を脅したあたりは演技でしょうけど、婚約者を失うところだったので、怒りは本物ですよね。

ジェザカイアは、ルシフェーラを抱きしめていましたが、その光景をイオジープが無言で見ていました。イオジープは一体何を考えていたのでしょう。

ルシフェーラの知識やスキルが、一般の女性とは全く違い、まるで騎士のようだと気づいたでしょうか。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください