漫画「接近不可レディー」49話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※全話一覧・登場人物まとめはコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「接近不可レディー」原作:Kin、作画:ZI.O、原題:접근 불가 레이디

毎週月曜に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「接近不可レディー」49話のネタバレ

地上に残った、王の純粋な神聖な力である息とは、抽象的すぎてどんなものなのか、どう探して良いのかわからない。

不可能を可能にするその力は、4大家族の異能に似ているのではないかと考えたヒリスは、王の宮殿から漂う濃い気が、王の息と関係しているのではないかと見当をつける。

王の遺体のある四季の森が可能性が高そうだが、今は入ることができないので、宮殿の周りをまわってみることにした。

72番目の扉から、強い異能の流れを感じたのだが、たまたま近くに転移してきたアクシオンに声をかけられる。

アクシオンに、王の息を探さないと言ったのではないかと指摘されたヒリス。

アクシオンも、王の息があるならこの部屋が怪しいと思い、確認をしに来たのだと言う。

何故かアクシオンを遠ざけようとする彼女だが、アクシオンに、どうせここまで来たのならと言われ、一緒に中に入った。

室内は赤を基調とした寝室で、家具は新しく、贅沢な部屋だった。

部屋には妙なオーラを放つ、鏡が置かれていた。

躊躇なく鏡に触れるヒリスを見て、アクシオンは、怖くないのかと言う。

ヒリスは、過去にアクシオンが、ヒリスの恐れるものから彼女を護ると言ってくれたことを思い出し、動揺するが、怖いものはあったが今はもう全て無意味だと話した。

ヒリスは再び鏡に触れ、躊躇うことなく鏡の中へ入った。

アクシオンは慌てて後を追いかけ、二人は鏡で繋がった骨董品だらけの部屋に転移した。

この部屋の鏡からは、王の宮殿の鏡のような気は感じなかった。

すると二人の物音が聞こえたせいか、誰かが確認しに、その部屋にやってきたのだった。

漫画「接近不可レディー」49話の感想

王の息についてですが、何も情報がないですし、王のものだから、王の宮殿から探し始めるしかないですよね。

思い当たった場所は、アクシオンも考えていた場所でしたが、妙な部屋でした。赤という色に何か意味があるのでしょうか。

そして何故、鏡であの骨董品の部屋に繋がっていたのでしょう。骨董品の中に、王の息があるのでしょうか。まさかそんなに簡単に解決しないとは思いますが・・・

ヒリスは、アクシオンの言葉で前世のある場面を思い出し、動揺していましたが、そのように心が乱されることがあるから、アクシオンを避けているのでしょうか。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください