漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」174話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」原作sosori、漫画Antstudio、原題・해골병사는 던전을 지키지 못했다

何度死んでも記憶と能力を維持したまま復活する、無名のスケルトン兵士が主役のダークファンタジー漫画です。

毎週土曜日に最新話が更新されます

※前回のエピソードはコチラ

※登場人物まとめはコチラ(ゆっくり編集中です)

漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」174話のネタバレ

※主人公の骸骨兵士は『彼』で、他の男性キャラクターは個人名でまとめてあります。

レアンドロに捕まえられそうになったナニャウは、槍の噴出機能を使って方向転換し、その場を離れる。

彼とナニャウは研究所に戻り、待っていたレナに、説得は失敗したこと、レアンドロはナニャウですら全身に戦慄が走るほどの殺気だったことを話す。

彼が、そもそもレアンドロはどのような人物なのかと、レナに尋ねると、魔物を異常に嫌悪している人物で、リジェントダイヤモンド事件以降レアンドロについて調べたが、少女公爵やビブリオ以上に情報が秘匿されていることがわかったと話す。

彼は、レアンドロが、死に囚われてもがく自分と似た表情をしていたことが、気になったと言う。

その頃レアンドロは、ネクロンとビブリオが繋がっていることは勘づいていたが、まさか魔物の口からその話がでるとは思わなかった、この暗号の印についてもそうだと、考えながら歩いていた。

それにあの骸骨は、レアンドロの剣術を使っていたことも気になった。

ビブリオとローランスが繋がっていたとは知らず、正義を簡単に追い求めていたかもしれないと、もう出遅れないことを決意する。

レアンドロは帝都に戻ると、内偵捜査課長・少女公爵の執務室を訪ね、監察課バティエンヌ・フォン・レアンドロとして、ビブリオ名誉公爵とネクロン紳士会の関係を調査したいと申し出た。

内偵調査は自分の仕事だと言う少女公爵は、美しさは永遠ではないからより輝いて見えるのか、だから貴方に惹かれたのかもしれないと考え、公爵レベルの調査は内偵捜査課長でないとできないこと、自分たちの始まりは剣士としてだから終わりも剣士として終わらすこと、レアンドロが勝てば(少女公爵を殺せば)内偵捜査課長の席を譲ることを話した。

少女公爵は、レアンドロとの別れに3日必要だと言い、3日後に皇室の秘密の場所で会うことになった。

説明を聞き、レアンドロがありがとうございますと言うと、少女公爵は、危ういレアンドロの美しさを結局自分が狩ることになるのかと、涙ぐみながらその場を去った。

レアンドロは愛馬ミユのもとに戻り、何のためにここまで走ってきたかを考える。

そして、幼い頃の記憶の始まり、母の葬式について思い出すのだった。

漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」174話の感想

ナニャウの鎌は、あれほど細い銃身なのに、すごい出力がありますね。魔法がある世界なので、おかしくはないのでしょうけど、見た目とギャップがあります。とりあえず、この高性能な鎌のおかげで、レアンドロから逃げ切ることができました。

レアンドロの方は、彼達を逃した後で、彼の話を信じ始めたようですね。レアンドロの剣術を習得していたのが効いたようです。イザベルとの暗号の印も、冷静になったレアンドロには効果がありました。でも自分で話を蹴ってしまいましたからね。

そうしてレアンドロはひとりで、少女公爵とビブリオに挑むことにしました。少女公爵と剣士として戦うことになるのは、どちらもわかっていたようですね。

少女公爵の言う、レアンドロの危うい美しさは、なんとなく意味がわかる気がします。真っ直ぐすぎますよね。実際、そのせいで何度も死を迎えてきたのでしょう。

では今回はどうなるのか。過去ではT&Tの介入がなかったので、少女公爵と対決する前に処分されていたのでしょうか。

今回は、正々堂々と少女公爵に戦いを申し込んだから、(おそらくですが)一対一での対決になったのでしょうか。

少女公爵の3日の猶予は何をするのでしょうね。

そしてイリエンの涙はどうなったのでしょう。レアンドロは本物を借りたままですかね。少女公爵の隠蔽が、戦闘に使われるのか、意味をなさず使えないのか。

人間部門ではトップクラスの二人の戦い、楽しみです。

エピソード後半には、レアンドロの母(遺体)が登場しましたね。レアンドロの母も騎士だったのですね。代々武功をたてている家門なのでしょうか。次回には、秘匿されていたレアンドロの情報が明らかになるかもしれませんね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

12 COMMENTS

Google翻訳の文法で申し訳ありません

ただのレアンドロ一人の情報が少女公爵やビブリオ以上に秘匿しなければならないような価値を持つのはなぜですか?
やはり彼の存在自体は、私たちがこれまでに知っている情報が解釈できる程度だけでなく、確かに非常に特別です。

少女公爵は決闘を提案し、剣士として、その職位を引き継ぐを約束など、レアンドロが自分を大義のために殺すようになることを暗示するの覺悟があるようです。それが彼と自分の信念対立する件で、彼を公明正大に扱い。
しかし、少女公爵は心の中で自分は負けないだと感じていたようで、この発言は彼を葬送するための単なる「儀式」だったのでしょうか。

たぶん、同じ経緯に前世でレアンドロを殺したのではないでしょうか?
レイリー言及することは、レアンドロは皇宮で姿を消した。(82話)

T&Tがこの事件に介入しなかったとしても、皇帝の暗殺事件でイザベルが死んだため、彼は皇室に尋ったでしょう。処分者が少女公爵である場合、可能であれば、彼はおそらく今回のように決闘で彼を葬送することを選択するでしょう。

「皇室の秘密の場所」は、彼らの内部関係者にとって何の特別な意味を持っていますか?なぜそこへ約束をするですか?
今回は、ナニャウらも知らないの詳細情報がわかるかもしれません。

愛馬です。ミユという名前もあります。
このように、61話での彼の怒りにはかなりの重量があります。

次話からはおそらくレアンドロの回想録であり、それは物語にとって非常に重要な情報になるでしょう、私たちはついにここに到着しましたか…

… レアンドロの母親、イザベルに少し似ているようですか?

返信する
猫野

レアンドロはますます謎の存在になりましたね。
少女公爵の決闘の提案は、確かに儀式のように感じられますね。あれほど可愛がっていた存在なので、別れもそれに相応しくしたいようです。
T&Tの介入については、今回T&Tがレアンドロに与えていた、ビブリオの地下水路の地図と広場、嗅ぎ回っていたという聖遺物の情報を、これまでの生ではレアンドロが1人で情報を集めていたのかどうかが気になってました。これまではイザベルの死をキッカケに、レアンドロが本気になって調べ上げたのかもしれませんが、今回はそれがないので、シナリオの流れに合うよう、T&Tの介入という形でシステムが補助したのかなと思いました。
皇室の秘密の場所は何でしょうね。ここもレアンドロと少女公爵の始まりの場所、初めて出会った場所でしょうか?
レアンドロの愛馬ミユですが、個別の名前がでると、本当に大事な存在だったのだなとわかりますね。
レアンドロの母はどうでしょう・・・漫画家が変わっているので似ているかどうかはわかりにくいですが、イザベルは薄い金髪なのでそれほどでもない気がします。

返信する
TaoCheng

骸骨の彼の魔力が弱まっているとの事だったのでナニャウの結界が理由かと思いましたが、レアンドロの特殊スキルのようです。11話の「威圧」のレベルが上がり魔力にダメージが入るようになったのでしょうか?こうなるとビブリオやワドゥルスの「広域の制圧」に近い性能ですが。

少女公爵は169話でかなり取り乱してたので、一騎討ちだとしてもお互いの魔法や遺物を駆使したルール無用を予想しましたが、スムーズに決闘の約束が決まりましたね。しかもgoogle翻訳さんの予想通り少女公爵のほうから提案してきました。
以前の世界線でイザベルの死が関与してた時は的外れの捜査(実際、皇帝暗殺は自由連合とギス・ゼライの仕業)で少女公爵の厚意と皇室の面子を潰しまくったのでレアンドロは暗殺され、今回は少女公爵がビブリオと行った実際の罪が暴かれようとしているの自身の責任をかけての決闘となったのでしょうか。

彼らほどの剣気の使い手が争ったら”虫”に食わせる遺体さえ残らない気がしますが、少女公爵の剣術がテバルドのような刺突メインのものならレアンドロの遺体(魂も)は保証されるかもしれません。ですが、そういう雑念があったら少女公爵は負ける気がします。

返信する
猫野

なるほど、確かにそのようなスキルがありましたね。レアンドロの詳細は何故か隠されているので、ワドゥルス達が持つスキルに近いものが使えてもおかしくないのかもしれないですね。
少女公爵の決闘についてですが、以前は処分目的の暗殺で、今回は互いの責務を果たすための決闘ということですね。
少女公爵は剣士として戦うようですが、あの格好のままなのでしょうか。剣士としての別の装備があるのか気になります。決闘に特別な意味を見出している少女公爵なら、レアンドロの最期をいかに美しくするかこだわりがありそうですね。

返信する
TaoCheng

少女公爵は初めてレアンドロと対戦した時の装備で待っているのではないでしょうか。
レアンドロ少年の身なりの良さから考えるに見せ物の武闘会で出会ったのではなく、騎士としての試合かと思います。
レアンドロは15世紀ヨーロッパで流行した、板金鎧で防御しつつ両手で扱える中型の剣を使う戦い方なので、少女公爵も同じ種目で出場したのかもしれません。
ただしレアンドロはモノローグで少女公爵をローランスと呼んでおり、元は同じ騎士団の上司ではない気がするので中型の剣(バスタードソード?)と対抗し得る別な剣を使ってた流派かもしれません。
今回は試合ではないので少女公爵は鎧にフェミニンまたは禍々しいアレンジを加えていると思いますが、うっかりするとコメディになってしまうので、それは原作者さんと作画担当さんの描写力にかかってます。

返信する
猫野

確かに、レアンドロと少女公爵は、以前は同僚だったような呼び方ですね。
少女公爵の顔は整っているので、普通の騎士装備だったら品格や威圧感もあり、そこそこ見栄えがするのではないかと思うのですが、もしあのドレスのままだったら本当にコメディになりそうですね。以前の作画の方より、コメディ寄りですし・・・

返信する
TaoCheng

前話での骸骨の彼もナニャウに運ばれる時、少しコミカルな顔をしてました。
信頼できる仲間が急激に増え、心に余裕が出来たのかもしれません。
その最大の要因はアイザックでしょう。人と人を繋ぐ役割を見事に果たしてくれてます。「悪魔のような」と言い伝えられていますが、周りに敵の多い帝国南部で独立し生き残れた彼は気配りの達人なのでしょうね。

返信する
猫野

骸骨の彼にとって、アイザックの影響は相当なものですよね。アイザックはかなり人格に問題がありますが、どうも憎めないので、確かにコミュニケーション能力は高そうです。

返信する
TaoCheng

あと個人的に良い印象を持ったのが、骸骨の彼のおかげで真のボティスの大祭司が明らかになり、少女公爵が非道な地下広場を作ったのではないかというレアンドロの疑いが晴れたことですね。

ボティスを連想させる首飾りや、地下広場のピンク、紫のファンシーな色合いは少女公爵=黒幕と推理させるに十分でしたが、誤解が解けお互いにクリアな気持ちで決闘に臨めそうです。

それと少女公爵のオフィスが彼の私室と違い青を基調とした装飾なのは、もし可能ならレアンドロに諜報を司ってもらい帝国を浄化して欲しいとの思いがある気がします。
そして少女公爵の見込みでは現状でレアンドロが勝つ見込みは無いとの事でしょうが、レアンドロは青獅子騎士団を慣れない武器で虐殺出来るレベルの骸骨の彼に、触れずに大ダメージを与えるほど強くなってるので、決闘スタイルでは逆に彼の勝算は少ない気がします。

それでも因縁の二人の闘いが良いものとなる事を期待します。レアンドロの剣術はクラケンで骸骨が吸収したのがLv10で飼育場でそれ以上、つまり13〜15を予想、少女公爵はおそらく測定不能(Lv16以上)でしょうか。
レアンドロ回想編で少女公爵の昔の姿が明らかにされるでしょうが、意外と年齢が近かったなら決闘の行方も分からなくなるでしょうね。あの筋肉も偉くなってからも欠かさず続けている剣の修行が理由だったら、、(なんか違う気がしますが)

返信する
猫野

レアンドロは、骸骨の彼に教えてもらうまで、少女公爵のことはあまり疑ってなかったような?
でも確かに、少女公爵のあの服装はいかにもですよね。爵位があり、身分を重んじる国なら、服装にも差を求められそうなものですが、あの恰好が許されるという少女公爵の立場の強さはなかなかですね。少女公爵の執務室は、他の者も仕事するだろうからと思ったのですが、レアンドロのために準備していたのなら、レアンドロへの相当な愛を感じます。
少女公爵とレアンドロの勝負は楽しみですね。昔の少女公爵見てみたいです。

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

レアンドロは常に少女公爵に疑念を抱いていたが、彼はビブリオと関連付けという「最悪のケース」について考えることを避けでした。しかし、骸骨の彼に教えてもらうとき、彼はすぐにこのような推論をする、この可能性が常に彼の心に含まれていると思います。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください