漫画「入学傭兵」81話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※全エピソード一覧はコチラ

無料漫画アプリ・LINEマンガで連載中の「入学傭兵」原題・입학용병、原作:YC、漫画:rakhyun

毎週木曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードあらすじはコチラ

漫画「入学傭兵」81話のネタバレ

マスクで顔を隠してはいるものの、乱入してきた男が壮馬だとわかった武史は、まさか自分を助けにきたのかと驚く。

北島は小馬鹿にし、さっさとその青年を倒すように部下に命じる。

壮馬は、相手がナイフや鉄パイプで襲いかかってきても、物ともせず、あっという間に集団を倒した。

壮馬は、集団の中でも強者アナトルと戦い始め、ナイフで少し腿を切られたものの、撃破し、ナイフを入手する。

次にナイフを持った男に攻撃されたが、ナイフを持った壮馬に手も足も出ず、倒れる。

北島は、高橋の下にこのような男がいるなんて聞いてないと、咥えたタバコを落とすほど呆然とする。

壮馬は北島を無視し、椅子に縛り付けられた武史のもとへ。

武史が、どうして助けにきたのかと言うと、今回の仕事は自分にも関係があることと、武史や高橋が祖父を手伝ってくれているので、助けて当然であることを答える。

すると北島が壮馬に、自分の下に来い、そもそもこの国に合わないのではないかと、壮馬をスカウトする。

壮馬が返事をしないので、北島は銃を向けて脅す。

だが壮馬はさっと動き出し、北島の銃弾を避けると、ナイフを投げ、北島の肩に刺した。

そして北島の首を腕で押して壁に押し付けると、刺さっていたナイフを深く付きさし、動く目標相手に片手で当てようとするなんて、実戦の銃の経験がないのだろうと、指摘するのだった。

漫画「入学傭兵」81話の感想

壮馬一人で、あっという間に倒しましたね。居場所を突き止めた藤堂も頑張りました。

壮馬は背が低いほうではないのですが、敵側は大柄な人が多いですね。相手に比べて壮馬は体重が軽そうですが、彼の打撃はかなりのダメージがあるようです。

普通は、動物でもなんでも、体重がある方が強いですよね。格闘技はよくわかりませんが、的確に攻撃を当てているということなのでしょうか。

北島は、まさかこのようなことになるとは思わず、とても驚いていました。銃で脅せば一発など話していましたが、いつも相手の周囲から襲って脅すようなことをして、まともに戦ったことがないようですね。壮馬はすぐに見抜いたのか、初めは北島を無視しました。

これで一件落着でしょうか。高橋は後始末をしなければいけませんね。

でも高橋は目をつけられているので、今後も襲撃されるかもしれません。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください