漫画「実は私が本物だった」最新話69話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※各エピソード一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「実は私が本物だった」原作March、漫画yuun、原題 사실은 내가 진짜였다 

毎週土曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

登場人物まとめはコチラ

漫画「実は私が本物だった」69話のネタバレ

ロゼが大神官に、祭祀はどうなるのかと尋ねると、キイラが書いた祈祷文があるので、供え物はそれに置き換えるとのこと。

神獣については、捧げるのが難しくなったことと、まだ幼いのでと、大神官に訊かれたキイラが、公爵邸で育てることにした。

キイラは、コゼットをからかえると考えた。

祭祀がなんとか終わり、忙しさから解放されたシスターたちは、今回のミナが起こしたトラブルについて話していた。

神殿は大公家と対立するわけにはいかないので、公女に責任を問うのは難しいのだが、キイラがとりなしてくれたおかげで、ミナを罰することができたことを話す。

また、コゼットがジョアンナのところでも問題を起こしたと指摘されていたので(65話)、通りがかったロゼを呼び止め、ジョアンナ宅でも似たようなことがあったのか尋ねた。

ロゼは、シスター達にしっかり教えるのだった。

一方、キイラは、悔しそうなコゼットとともに、大神官と今後の話をしていた。

キイラは大神官に、神殿が寛容を示してくれたことや、侍女が起こした事故だが、管理者の責任として、大公家から謝罪の書簡を送ろうと思うがどうかと提案する。

大神官がそれならと納得したので、書簡の内容は、事故についての丁寧な謝罪と、神獣の管理者に二度と神殿の仕事を任せないことでどうかと言う。

するとコゼットが、一度のミスで権限の剥奪までするなんて許せないと騒いだので、キイラは、祭祀を台無しにしたのに命があるだけ良しと思わなければ、悪いと思っているのかと指摘する。

大神官は、確かに台無しされたが誠意を示してくれたから自分たちは十分だと言い、そそくさとその場をまとめた。

皆が席をたつと、キイラはコゼットに、一気に片付けられる機会をくれてありがとうと呟き、玄関へ向かった。

コゼットは、ミナや神殿の権限を失ったことより、もっと酷いものを失ったのだと察する。

一方、ラディックは神殿での報告を聞いて怒り、いますぐコゼットと呼べと怒鳴るのだった。

漫画「実は私が本物だった」69話の感想

神物は破壊されましたが、祭祀は無事に終わりましたね。そしてキイラが全てうまくまとめました。

大神官は、有無を言わさぬキイラの采配に、タジタジになっていましたね。色んなものを乗り越えてきている彼女は強いです。

今回、コゼットが大胆なことを仕掛けてきたので、キイラもコゼットから色々なものを大きく取り上げることができました。邪魔なミナ、神殿の権限、ラディックの信頼です。

もともと神殿の祭祀に、ジョアンナはキイラを推しており、ラディックもコゼットから願われなければ、キイラに行かせるつもりでした(63話)

自分から割り込んだのに祭祀をめちゃくちゃにしたこと、ジョアンナ宅でもやらかしていることも知ったでしょうから、ラディックは怒り心頭です。

さて、ラディックはコゼットを呼びつけました。今回で完全に見限ってくれると良いのですが・・・


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください