漫画「実は私が本物だった」最新話63話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※各エピソード一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「実は私が本物だった」原作March、漫画yuun、原題 사실은 내가 진짜였다 

毎週土曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

登場人物まとめはコチラ

漫画「実は私が本物だった」最新話63話のネタバレ

キイラは、ラディックの執務室に向かいながら、昨晩の会食のことや、ジョゼフと会話など思い出せないので、何があったのかぼんやり考えていた。

執務室前でコゼットに遭遇し、お互い表面的にはにこやかに挨拶する。

コゼットから、今朝父に呼ばれたのは神殿(初春の祭祀の代理人)のことだと聞き、回帰前はキイラはミナを虐めたと濡れ衣を着せられて謹慎中だったため、コゼットが代理をしたことを思い出した。

今度は奪われないと思いながら執務室に入ると、ラディックから、春の祭祀についてどうしたいか尋ねられる。

キイラとコゼットは同時に自分が行きたいと答え、神殿に行ったことはあるのか、準備の仕方はわかるのかと言い合いになる。

ラディックは、まさか二人とも行きたがると思わず、それならばジョアンナの提案通りに行かせようとするが、二人で行くというコゼットの言葉に遮られる。

キイラはどうしたいかとラディックに訊かれると、キイラはラディックがコゼットを選ぶかもしれないと悩み、二人で神殿に行くと返事をする。

娘たちが執務室からでていくと、ラディックは、これで良かったのだろうかと、どっと疲れるのだった。

そうして出発の当日、キイラとコゼットは、馬車に一緒に乗り、神殿へと向かうのだった。

漫画「実は私が本物だった」最新話63話の感想

キイラもコゼットも、本音と建前が全く違うので、笑顔でも緊張感がありますね。

でも今回もキイラのドレスが素敵なので、目の保養になります。毎回ドレスが凝っていますよね。

韓国漫画は専属のドレスデザイナーがいるのでしょうか。キイラのハッキリした髪と目の色に、濃い青いドレスはよく映えていました。

コゼットの方は、淡い色味でまとまっていましたが、彼女も瞳の色が濃いので、赤い差し色が似合っていましたね。

さて神殿の春の祭祀についてですが、キイラもコゼットも譲りたくないので、二人で行くことになりました。コゼットがラディックの言葉を遮らなければ、ジョアンナの提案通りキイラが行くことになったようですね。

でもコゼットから離れるのは危険なので、監視ができる今回の状況は良かったかもしれません。

二人も来ることになってしまいましたが、神殿側はどう対応するのでしょうか。

どちらかを選ぶのか、どちらも祭祀に参加させるのか、一番面倒なことを神殿側が任されてしまいましたね。ジョアンナが参加出来ないのも、公女が二人いるのもパルビス側の問題なのに、もしどちらかを選んで失敗したら目も当てられません。

とりあえず、キイラ達は神殿に向かいましたが、道中の馬車が一緒というのは、これまた大変ですね・・・ストレスで疲弊しそうです。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください