漫画「その騎士がレディとして生きる方法」54話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※全話一覧はコチラ

無料マンガアプリ・LINEマンガで連載中の「その騎士がレディとして生きる方法」그 기사가 레이디로 사는 법

原作:ヘリム、文・絵:Ink

毎週金曜日に最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「その騎士がレディとして生きる方法」54話のネタバレ

ルシフェーラは、クロレンスがイオジープの本性に気づいたかと思い、どうしてわかったのかと問う。

クロレンスは、イオジープが皇帝から皇位を継ぐ気はないかと訊かれて逃げてきたと言ったこと、本当にその気がなければここでわざわざ打ち明ける必要はなかったこと、それも権力のあるロエル家の者(クロレンス)がいる前で口にしたことを話す。

ルシフェーラは、自分の父は皇太子派だが知られても良かったのかと質問すると、クロレンスは、ルシフェーラの知った情報を皇太子が快く聞き入れるだろうかと指摘する。

そこまで考えているなんて、本当に戦術家に向いていると、ルシフェーラはクロレンスの印象を変えた。

クロレンスは逆に、ルシフェーラはどうやってイオジープの本性を知ったのかと問う。

ルシフェーラは、イオジープは剣技を身に着けていないと言っていたのに、そのような手ではなかったと答えると、皇子と手を繋いだのかと言われる。

慌てて、誤解されるようなことではなく、本を落としたときにイオジープが拾ってくれて、その時触れたのだと説明する。

するとクロレンスは、ルシフェーラはレディとしての能力は低いが、何か特別な能力があるようだと言う。

クロレンスの鋭いコメントに、ここまで洞察力をあげるのにどれほど努力したのだろうかと、ルシフェーラは思った。

クロレンスが話題を変え、騎馬会に行きたいかと言うと、ルシフェーラはウキウキで行きたいと答えた。

クロレンスは、ルシフェーラの反応を確認しながら、騎馬会に参加するには招待状が必要だと教える。

騎馬会は男性中心の集まりだったが、女性が着ることができるズボンは乗馬服だけなので、ドレスの下の魅力を見せるために、レディにも招待状が送られてくるようになったそうだ。

ルシフェーラは、騎馬会が乗馬だけでなく、足を見せつけるものだと知りドン引きする。

ルシフェーラの素直さに笑ったクロレンスは、それよりも今度の騎馬会は、ポエル伯爵家が主催なので、ルシフェーラを最も虐めていたメルローズがいると教える。

メルローズ・イドリスの名前を聞いただけで、旧ルシフェーラが思いに引きずられ、ルシフェーラの体が恐れで震えだした。

一方その頃、ポエル伯爵邸では、メルローズがルシフェーラについて、自己中で態度が悪く結局は一人になった、壁の花だとバカにしていたのだった。

漫画「その騎士がレディとして生きる方法」54話の感想

クロレンスがイオジープの二面性に気づいたのは、足の怪我の演技かと思ってましたが、皇帝の話のことだったのですね。

イオジープは、さすがの演技派ですね。ほとんどの人が、イオジープに騙されているのではないでしょうか。

皇帝もテミールも、家族でありながら気づいていないのでしょうね。知っているのは、ジェザカイア、ルシフェーラ、クロレンスでしょうか。前回、クロレンスと良い雰囲気に見えたのも、イオジープの演技なのかもしれないですね。

ルシフェーラは、たまたまイオジープが隠れて剣の稽古をしていたので、気づくことができましたが、それがなければ騙されたままだったでしょう。まあ婚約者がジェザカイアなので、いずれ知ることになったかもしれませんが。

クロレンスもイオジープと同じやイプなので、気が抜けません。ルシフェーラの反応をよく見ていたので、アルシャとルシフェーラの関係に気づくかもしれないですね。イオジープと違い、クロレンスはルシフェーラを好ましく思っていてくれるので、今のところは安心できます。

さて、これまでルシフェーラを虐めていたメルローズは、今は結婚して夫人になっていたようです。それでもまだルシフェーラにこだわっているのですね。

これは絶対に騎馬会で仕掛けてきますね。これが普通の舞踏会だったら厄介ですが、乗馬メインの集まりなら、なんとかなりそうですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください