漫画「皇女、反逆者に刻印する」53話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「皇女、反逆者に刻印する」原作・IRINBI、漫画・SAGONG(COPIN)、原題・황녀, 반역자를 각인시키다

毎週木曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「皇女、反逆者に刻印する」53話のネタバレ

あれから一週間後、イヴは、銀殺のアラクネという、蜘蛛の糸のような魔法を習得した。

糸で覆われると動かなければ害はないが、少しでも動かせば鋭い剣になる、攻防一体の魔法だったので、ミカエルは、もし彼女が刻印に縛られている自分にこれを使ったら、ろくに抵抗すらできないだろうと考えていた。

また、結界魔法として扱われるので、見張りゴーレムにも検知されなかった。

そこへミカエルとイヴの蝶型守護ゴーレム・アンバー(機嫌が悪いと黒い粉をまく)が飛んできた。

ミカエルはイヴに、イヴはモンスターより人間がやられそうだから、人相手にを稽古したほうが良いのではないかと言う。

だがこのエリア内ではイヴと一緒にいると判断され、いざというとき剣すら抜けないのだった。

ミカエルは、結界魔法石があるから大丈夫だし、イヴの秘技を誰かに見せるわけにはいかないと言う。

賢者の魔法がミカエルに最も危険なものだと思わなかったと、イヴがため息をつくと、ミカエルが口説き文句のようなことを言うので、イヴは動揺し顔を赤くするのだった。

その後、イヴとミカエルが帰るために歩いていると、前方からロゼニットとシルヴァスティアンがやってきた。

二人の姉妹は、互いに遭遇したくはなかった。

イヴは、過去でロゼニットが自分を騙して毒を飲ませたことから、今世はミカエルに特別な愛情を持たないでほしいと思った。

だが早速ロゼニットはミカエルに話しかける。

だがミカエルは無視したので、ロゼニットがもう一度声をかけると、ミカエルはつっけんどんな態度で返事したので、イヴは目を丸くして驚くのだった。

漫画「皇女、反逆者に刻印する」53話の感想

イヴは魔法の才があるので、同時に複数の物を任意の場所に動かしたり、姉妹たちを次々眠らせていましたが、戦いにも長けていました。でも一方的に命を奪うものではなく、動きさえしなければ害はないので、イヴらしい魔法だと思います。

ミカエルは対人稽古したほうが良いと言っていました。至近距離から襲われたら、銀殺の発動などしていられないですものね。

そういえば守護ゴーレムは、蝶になったんですね。イヴの髪にとまって髪飾りのようになってました。これなら目立たずそばに置けますね。

ミカエルは心境の変化があったのか、ロゼニット(皇族)に礼を尽くす気はないようです。もう自分が皇族以上の力を持てると知っていますし、イヴの皇太女になる目標の邪魔になりそうなものは、どうでも良いのでしょう。

ミカエルは精神支配を受けないせいか、洗脳により皇族への絶対服従を誓わせる、忠誠儀式の効果が無いようです。彼が従うのは、刻印したイヴだけなのですね。

過去でイヴを騙して殺したロゼニットですが、今回はどうなるのでしょう。ミカエルがロゼニットと組むことは無いと思いますし、イヴがもう騙されることもないと思いますが、愛に飢えるあまり何をするかわからないので、気は抜けないですよね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください