漫画「皇帝の一人娘」最新話229話のあらすじネタバレと感想

※各エピソード一覧はコチラ

漫画アプリ・ピッコマcomicoで連載中の「皇帝の一人娘」原作YUNSUL(小説・황제의-외동딸)、漫画RINO

日曜日に最新話が更新されます。(4週更新、1週休載だそうです)

前回のあらすじはコチラ

漫画「皇帝の一人娘」最新話229話のネタバレ

ハーベルは、アグリジェントが敵だと思っていたものの、リアと接するたびに気が緩んでしまった。

剣の練習での怪我をリアに見られたとき、彼女は、カイテルのような父親がいるくせに、剣で人を傷つけたくないと言う。

ハーベルが、リアの父親がやったことは無かったことにならないと指摘すると、父親は悪者だ、父親は父親だから同じにしないでほしいという。

そしてリアは髪の青いリボンを解いて、ハーベルの手の怪我に巻き付けたのだが、その青いリボンは、彼にとっての支えになった。

だが自分の思いの強さとは逆に、リアはリボンのことを全く覚えていなかったので、悲しくなった。

また、その気持ちよりも、ずっと会いたいという気持ちの方が強いことにも気づいたのだった。

※その次は、チェックメイトという、リアの絵の話でした。

漫画「皇帝の一人娘」最新話229話の感想

リアの言動に当時のハーベルがどう思っていたのか、描かれていましたね。

ハーベルは、カイテルとプレツィアの貴族によって、これまでの生活が奪われてしまったので、カイテルが憎く、その娘も気に入らないはずでした。

でもあっという間にリアに絆されてしまいましたね。あそこまで気さくに接してくる人が、周りにいなかったのでしょうね。

リアに紹介されたアシシが照れているのが面白かったです。アシシは癒やしキャラですね。

ハーベルは青いリボンで恋心を抱き、リボンを辛いときの支えにしていました。本編では決別してしまい、実らなかったのが残念です。

さて、外伝が続いているようですが、今度はリアが絵を描いていました。チェックメイトというタイトルですが、どのような絵を完成させるのか楽しみですね。

本編の開始も待ち遠しいです。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください