漫画「オフィーリアが公爵家を離れられない理由」37話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリcomicoで連載中の「オフィーリアが公爵家を離れられない理由」原題・오필리어가 공작가를 벗어나지 못하는 이유

毎週火曜に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「オフィーリアが公爵家を離れられない理由」37話のネタバレ

アレクサンダーがクロードを殺してしまったので、オフィーリアは、それは私がやることだったのに何故割り込んだのかと責めた。

だが、アレクサンダーが笑みを浮かべているのを見て、戸惑う。

アレクサンダーが、幸せだ、口づけしたくなるとオフィーリアの頬に触れるので、オフィーリアは、説明してと怒った。

アレクサンダーは、クロードがオフィーリアに馴れ馴れしかったことなど最初から気に食わなかったこと、自分が知らないオフィーリアの過去を知っていることから、嫉妬してしていたのだと説明する。

オフィーリアが自分に何も話してくれないからだが、あいつは死んだからもう構わないと微笑むアレクサンダー。

するとそこへ、遅くなり申し訳ありませんと言いながら、本物の一級捜査官のクロードがやってきた。

アレクサンダーは知っていたようだ。

クロードだと思っていたキャメロンの私生児は、カインという名前で、身分を偽り、指名手配までされていた。

アレクサンダーは、ヘンリエッタが握っていた紙は、この指名手配書のようだと言うのだった。

漫画「オフィーリアが公爵家を離れられない理由」37話の感想

やっぱりアレクサンダーは、クロード(カイン)の存在に独占欲が刺激され、怒りと憎悪をためこんでいたようですね。

彼を始末しスッキリしたので笑顔です。人を殺した直後に口づけしようとしているし、アレクサンダーは相変わらずです。

ここまで突き抜けているヤンデレが男主人公の漫画も珍しいですよね。他にもあるのかもしれませんが、私には新鮮でした。

そして、本物のクロードが登場しました。カインはオフィーリアに近づくために、とんでもない方法でやってきたのですね。

さて、これで馬車事故の犯人はヘンリエッタ、ヘンリエッタ殺しの犯人はカインで、まるくおさまるのでしょうか。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください