漫画「緑陰の冠」54話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「緑陰の冠」原題・녹음의 관 

ピッコマで1~3話まで一気読みできます。毎週火曜に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

小説版の物語の前半をざっくりまとめたものはコチラ

漫画「緑陰の冠」54話のネタバレ

ランは、雨の中のガゼボで、侍女達と一緒にお茶を楽しむ。

侍女達に、制服を着用してみてどうかと尋ねると、外出の際、ラチア家のものだとすぐにわかってもらえ、丁寧に接してくれるのだと好評だった。

そのまま和気あいあいと話に花を咲かせていると、傘もささずに濡れた状態のユスタフがやってきた。

ユスタフに、服が濡れていないことを訊かれたランは、ロス卿が抱き上げて運んでくれたのだと説明する。

ユスタフは冷ややかな視線をロスに向ける。

ユスタフが人払いしたため、今度はユスタフと二人でのお茶会になった。

個人的な話を勧められたが、あまり会話が弾まず、話題に困ったランは、大理石の破片が落ちていることに気づく。

そのことをユスタフに教えると、ユスタフはこれまでのランとの過去を思い出しながら、いつまでも落ちてくる水滴に岩は初めに煩わしさを感じていただろうがと、水滴と岩の話をする。

水滴はいつしか岩に大きな穴をあけるのに、水滴は穴をあけるつもりはないのだと思うユスタフ。

卑怯だと言うユスタフの言葉が理解できず、戸惑うラン。

大雨になりそうだったので、ルミエ関連を片付けるのに時間がほしいと思っていたランは、緑のアーチに留まることになりそうだと言う。

ユスタフは、ラチアが全てなので帰りたいそうだ。

その後、ランのもとに、花が手に入ったというイルミニティ伯爵からの手紙が届いたので、ルミエの妹が救出されたことを知るのだった。

漫画「緑陰の冠」54話の感想

侍女達が、雨の中のお茶にも関わらず、ウキウキと準備していたのは、自分たちもランと一緒に楽しめるからなのですね。

ただ準備するだけだけなら面倒ですが、こうして参加できるなら、いつもと違う環境でのお茶会をとても楽しめたと思います。

突然濡れたユスタフが現れるまでは笑

彼はどうして傘も差さずにやってきたのでしょうね。着替えずにあのままお茶を飲み始めたので、岩の話をしているときも服が透けているし、風邪をひきそうです。

ユスタフは、自分の気持ちの変化を岩に例えてうまく表現しましたね。現実から一歩引いているランには、あまり伝わらないのが残念ですね。

さて、準主人公ルミエについて動きがありました。ルミエと接触できるでしょうか。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください