漫画「緑陰の冠」50話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「緑陰の冠」原題・녹음의 관 

ピッコマで1~3話まで一気読みできます。毎週火曜に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

小説版の物語の前半をざっくりまとめたものはコチラ

漫画「緑陰の冠」50話のネタバレ

ユスタフとカロクが剣の特訓をしている間、ランとリゼはお茶を飲んでいた。

リゼは、ユスタフの振る舞いは姉弟間を超えるものではないかと指摘するも、ランが、ユスタフと自分は同盟関係だと答えるので、ランについていつも他人事として捉えるようだと思う。

よく当たるリゼの勘では、ユスタフはランを好きだと感じていた。

その頃、隻眼のカロクは、久々に片目が見えないことに苛立ちを感じるほど、予想外のユスタフ実力に手こずっていた。

ユスタフは、ラチアの元騎士団長ワイルド男爵から剣術を習ったと話す。

カロクは、驕りもなく吸収の早いユスタフの剣の才能を認めるのだった。

その日の夕方、ユスタフは入浴しながら、三日後に控える皇太子との決闘について考えていた。

そして、愛しているという言葉を信じてはいけない、もし誰かを愛してしまったら、自分のものにしたかったら殺しなさいという、母の言葉を思い出していた。

その少し後で、ランが部屋を訪ねてきたので、湯上がりのユスタフはガウン一枚の格好で迎える。

ランが顔を赤くし目をそらすので、そのような彼女の行動を見たユスタフは、感情が顔にそのまま出るのに当主としてやっていけるのかと不思議にと思う。

ランは、代わりに仕事を処理してくれたことに礼を言う。

領地で気になっていたティモーヌ川について質問し、ユスタフに教えてもらう。

ランは、やはり領土の隅々まで知っていないことと自分の知識に限界があることから、早くユスタフに爵位を渡すべきだと一人で納得する。

決闘について話し始めると、ユスタフがランの頬に触れるので、くすぐったく感じる。

しかしユスタフはスキンシップは嫌いだと言うので、ランは混乱する。

その後ランとユスタフは正装し、仲良く二人でキリックス侯爵夫妻との夕食へ。

ランは、この夜のことを、いずれ当主の座を譲って離れた後でも思い出すだろうと思うのだった。

漫画「緑陰の冠」50話の感想

ランは、ユスタフ=主人公、シナ=ヒロイン、ラン=モブの設定から、なかなか離れることはできません。

そのようにしてここまでうまくやってこれたので、今更認識を変えるのは、相当なことがないと難しいでしょう。

ユスタフは、周囲にも気づかれるほど、わかりやすく愛情表現していますが、ランは常に傍観者なので伝わらないもどかしさ。

リゼが上手くランの頑なな認識をほぐしてくれたらと良いのですが。

夫に見捨てられた、ユスタフの母の教えがかなり重いものなので、ユスタフもその影響を受け、ヤンデレ化しそうですよね。

決闘については、ユスタフの実力からして圧勝でしょうね。本人は命をかけることになったことや、政治的なことも絡んでいるので、自分の行動が理解できないようでした。

これでユスタフの思惑通り、皇帝と皇太子の間に歪ができ、皇太子が引っ込んでくれれば良いのですが、そうなるとオリビアがどう動くかわかりません。

彼女は女性の最高の地位につきたいので、皇太子が落ちぶれたままでは許せないでしょう。

ひとまず、ランとユスタフは、仲の良い侯爵夫妻と楽しい夕食です。ランをエスコートするユスタフも表情が柔らかく、ランの記憶に残る幸せな夜になったようですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください