漫画「その騎士がレディとして生きる方法」17話のあらすじと感想!ネタバレ有り

無料マンガアプリ・LINEマンガで連載中の「その騎士がレディとして生きる方法」그 기사가 레이디로 사는 법

原作:ヘリム、文・絵:Ink

イシュタルと呼ばれた女騎士が、同じくイシュタルと呼ばれる貴族令嬢に転生し、仇敵の婚約者と、自分を殺した裏切り者との関係に翻弄される、恋愛ファンタジー漫画です。

毎週金曜日に最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「その騎士がレディとして生きる方法」17話のネタバレ

ルシフェーラは、恭しく皇帝に挨拶する。

旧ルシフェーラの記憶のおかげか、会うのはいつぶりかと質問されても、12歳とスラスラと答えることができる。

20歳から征服戦争を繰り広げたヤンスガルの皇帝は、アルシャのアレント王とは違う威圧感があり、ルシフェーラは不本意だったが、言葉を選びながら受け答えをした。

皇帝が、ルシフェーラがテミールと特別な仲でありながら皇太子妃にしないのは、ルアナの娘であるルシフェーラに重荷を背負わせたくないのだと話す。

ルアナは位に縛られることを嫌い、公爵ではなくアイディン伯爵を選んだから、娘のルシフェーラもそうだと思ったと言うので、ルシフェーラは心の中で勝手な憶測だと呆れる。

皇帝は、湖に身投げするほどテミールを想っているとは思わなかったので、ハイント公爵との婚約を望まないなら破棄させてやると提案する。

ルシフェーラは、昨晩テミールの股間を蹴ったことがチクられていなかったので、ホッとしながら、皇太子との関係は終わったことですからと返事をする。

皇帝は、破棄したいならいつでも応じると言い、今回は誤解を解くために呼んだのだと言うのだった。

そうして謁見を終えたルシフェーラだが、侍従の後をついて歩いていたにも関わらず、宮殿内で迷子になってしまった。

皇帝は婚約破棄できると話していたが、神殿の印が3つも押されたものを無効化すれば、皇室と神殿の対立は免れないので、ルシフェーラは皇帝にかなり可愛がられていたようである。

そんなことを考えながら彷徨っていると、本を沢山抱えた第2皇子イオジープにぶつかってしまう。

本を落としたイオジープは、とても腰が低く、おっちょこちょいだったが、本を拾う際に手に触れると、意外なことがわかった。

ルシフェーラは、道に迷って上の階まで来たことを指摘されると、上の階のほうが道が見つけやすいと思ったと返したので、旅行書を沢山読む人だと思われた。

ふと、外で第二騎士団が整列して訓練しているのが目に入り、ルシフェーラは慌ててベランダへ向かう。

第二騎士団の団長としてそこにいたのは、自分を裏切ったカーリッドだった。

漫画「その騎士がレディとして生きる方法」17話の感想

ルシフェーラは、皇帝にかなり可愛がられていたようですが、そのせいで息子たちに嫌われたのでは。

皇后からアイディン伯爵を離したくて、テミールはアイディン伯爵の娘を弄びました。

アイディン伯爵は、皇帝が可愛がるルアナの夫ですが、ルアナは皇帝の妹でしょうか。テミール達はルアナの従兄弟?

皇帝とルシフェーラの瞳の色は同じように見えます。

ルアナですが、公爵夫人とならず、アイディン伯爵夫人になりました。その選ばれなかった公爵の後ろ姿が、ジェザカイアの父親のように見えますね・・・

もしそうであれば、自分の息子であるジェザカイアに、ルアナの娘ルシフェーラとの婚約を神殿の印3つもつけて遺言に残したのは、ルアナに対する執着なのでしょうか。

それとも、難しい立場になるルシフェーラを守るためだったのでしょうか。

ルシフェーラを厄介な立場にしているのが、ルシフェーラを馬鹿な女だと蔑む、皇太子と皇子です。

そのうちの1人、イオジープと新ルシフェーラは接触しました。なんだか一癖も二癖もあるような人物です。

彼にはあまり関わらない方が良さそうですね。ルシフェーラの中身が違うことを見抜かれるかもしれません。

それなのに、ルシフェーラはカーリッドを発見してしまいました。エステルを殺して、その首をヤンスガルに捧げた裏切り者です。

平常心ではいられないですよね。カーリッドの居場所がわかった今、彼女はどうするのでしょうか。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください