漫画「捨てられた妻に新しい夫ができました」25話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリcomicoで連載中の「捨てられた妻に新しい夫ができました」原題・버려진 아내에게 새 남편이 생겼습니다、漫画・lobster、原作・Alice

毎週木曜18時に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「捨てられた妻に新しい夫ができました」25話のネタバレ

ドリアは、婚約者は何て言うだろうかと警告するクロエに対し、クロエの分際で自分を脅すのかとムっとするが、いつの間にか部屋にいた婚約者グレイに声をかけられ、慌てて言い繕う。

ドリアにとって、初めて恋愛し手放せない相手だったが、全て話を聞かれていた。

グレイは、ようやく巡り会えた心優しい女性だと思っていたが、思い違いだったようだと言い、ドリアがなんとか言い訳しようとも拒絶された。

婚約の話はなかったことにしよう、必要なら少額だが慰謝料を渡すと言うグレイ。

ドリアは引き留めようと名を呼ぶが、まさか大金が欲しいとでもと睨まれたので、ドリアは全て失ったことを悟った。

自分に残ったのは牢屋か罰金か、もしクロエほど美しかったらこれぐらい見逃してもらえたのではないかと思い、絶望の淵にいるドリアは、私が美しくないから捨てるのかと呟く。

グレイは、ドリアのことを美しくないと思ったことはなかったが、心はもっと美しいと思っていた、でもそれは間違いだった、もう話すことはないと言い、出ていった。

ドリアは、私のものを全て奪ってこれで満足かと言うも、クロエは、まだと答える。

ドリアはクロエを叩こうと手を上げたが、アッシュに止められ、アッシュのただならぬ威圧感に、ドリアはどうにもならないことを悟った。

帰りの馬車の中で、クロエはドリアが善人のフリした想像以上の悪人だと考えていた。

ドリアは最初から最後まで身の潔白を主張し、少しもクロエへの罪悪感はなかった。

もしアッシュが止めてくれなかったら、恐ろしい言葉を聞き続けることになっただろうと考えていた。

アッシュはクロエを気遣い、クロエの気が晴れないのは、クロエを傷つけた人を断罪できていないからだと言う。

アッシュの場合は、徹底的に断罪したのだそうだ。

アッシュは、自分を殺してその地位を奪おうとした者たちを引きずりおろし、また元の地位に戻ったときに爽快感を得たが、クロエはそのような性格ではないだろうと思った。

アッシュにビンセラ孤児院に入るキッカケを訊かれたので、幼い頃に両親が死んでしまい弱ったクロエは、近所の知人夫婦に助けてもらったが、両親の事業のせいで倒産間近だと言われ、全財産を借金の代わりに渡し、ビンセラ孤児院に行くことになったのだと、クロエは説明する。

首都にあるクロエの家からビンセラ孤児院まで、馬車で一日もかかる離れた場所なので、アッシュはおかしいと指摘する。

クロエは、当時はそれは善意だったと思っていたが、今では間違いだと気づいたのだった。

漫画「捨てられた妻に新しい夫ができました」25話の感想

ドリアは婚約者に捨てられてしまいましたね。しかもかなり辛辣に言われていました。

ドリアは何が悪いのかわからず、責められるのは美しくないからだと思っていました。

ドリアの価値観は、美しいかどうかなのですね。だから自分より美しいクロエやアイリーンと、心の中で一人で争い、蹴落とそうとしたのでしょう。

彼女たちを蹴落とせば、自分が美しくなったように感じたのでしょうか。

婚約者の男性は、容姿ではなく心の美しさを求めていたのに、ずれていましたね。

美しければ全て許してもらえると思い込んでいるので、クロエに謝ることもしませんでした。謝る意味がわからないようです。

ドリアから謝罪はされませんでしたが、断罪は終わりました。

そして次の問題が浮上してきましたね。何故、遠く離れたビンセラ孤児院に行く羽目になったのか。とりあえずクロエが色々な人の悪意によって、搾取されていたことだけはわかりました。全て清算できると良いですね。

アッシュの過去も気になります。アッシュは男性ですし、やる方もやられる方も過激な方法をとっていそうです。

まとめ

・ドリアは、婚約者に話を全て聞かれ、婚約が白紙になる

・ドリアは最後まで、クロエに罪悪感などなく、自分の身の潔白を主張した

・クロエがビンセラ孤児院に行くことになったのも、善人のフリした悪意が絡んでいるようだ


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください