漫画「オフィーリアが公爵家を離れられない理由」23話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリcomicoで連載中の「オフィーリアが公爵家を離れられない理由」原題・오필리어가 공작가를 벗어나지 못하는 이유

毎週月曜18時に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「オフィーリアが公爵家を離れられない理由」23話のネタバレ

オフィーリアがアレクサンダーの部屋で一晩過ごしたことを知った、ヘンリエッタ。

彼女は、ずば抜けた実力ではないにしろ幼い頃から魔力が使え、自慢だったが、オフィーリアの前では無に等しかった。

公爵夫妻の葬儀を行った日の夜、ヘンリエッタは独りになったアレクサンダーを慰めようと思い、シュミーズ姿でアレクサンダーのベッドに腰掛け、彼が来るのを待っていた。

だが全然戻ってこないので、窓から外を見てみると、出ていこうとするオフィーリアを引き留めるアレクサンダーが見え、どういうつもりなのかとショックを受けた。

その後のとある日、ヘンリエッタはエイドリアン・ラシス伯爵の部屋で、アルファード家の帳簿を見つける。

ヘンリエッタは、オフィーリアを追い出そうと考え、ヘンリエッタの部屋から入手した彼女の髪を、執務室に置いたのだった。

だが逆に、オフィーリアに脅されることになり(11話)、さらにオフィーリアが自分より格上の魔法師だと知ることになった。

その後ヘンリエッタは、オフィーリアより強くなるために、従順なフリをしながら屋敷の魔法書を読み漁り、力を培ってきた。

だがその先にあったのは、恋い焦がれたアレクサンダーが、子供のようにオフィーリアに泣いてすがりつく姿だった。

ヘンリエッタは、容姿も振る舞いも完璧なアレクサンダーを手に入れるために、彼の傍にいるためだけに尽くし続け、あんなことまでやったのにと怒り心頭になるのだった。

漫画「オフィーリアが公爵家を離れられない理由」23話の感想

終盤の方の絵に、馬車の車輪が描かれていましたね。これはもしかして・・・

ヘンリエッタは、容姿端麗で孤高な存在だったアレクサンダーにずっと執着していました。

でもアレクサンダーが孤高だったのは、ヘンリエッタ含め他の女性に興味がなかったからで、心から惚れた女性・オフィーリアには泣きつくほど甘えた姿を見せる男性でした。

もともと思い込みが激しいヘンリエッタにとって、理想のアレクサンダーの枠から彼が外れてしまったので、裏切られた気持ちになったようですね。

そこにアレクサンダーは一切関係がないというのに。

帳簿事件は、持ち出したのはオフィーリアでしたが、オフィーリアを罠にはめようとしたのはヘンリエッタでした。二人がそれぞれ別の思惑で関わっていたので、犯人がわかりづらかったのですね。

ヘンリエッタはアレクサンダーを手に入れるために、強引な手を使う人物なので、馬車事件の犯人である可能性がうんと上がりましたね。

魔法で車輪の繋ぎ目を溶かすことができるのは、現状、魔法師であるオフィーリアかヘンリエッタのみ。オフィーリアは母を失うことだけはしないので、ヘンリエッタしかいないですね。

公爵夫妻の葬儀の日に、アレクサンダーを体でなぐさめようとしていたので、もしかしてアレクサンダーの心を弱らせることが目的で、事件を起こしたのでしょうか。オフィーリアが住み始めたので焦ったのかもしれませんね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください