漫画「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」119話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」作家SWAN、絵ユンヘ、原題 아이리스 – 스마트폰을 든 레이디 

毎週月曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードあらすじはコチラ

登場人物まとめを作りましたコチラ

漫画「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」119話のネタバレ

イリア皇妃はアンナたち侍女を連れ、アイリスへの結婚祝いを見に、街へ買い物にやってきた。

後でアイリスもお店にやってくる予定だ。

姑が結婚祝いを自ら選ぶのはローヘンハイムの伝統で、家に新しい家族が住むようになると妖精が追い払うという伝承があることから、結婚祝いのプレゼントは妖精に追い払われないように、前から住んでいた人が妖精が好きな光り輝く装身具を用意するのが一般的だ。

訪れた店は、結婚祝いのプレゼントが揃っている有名な店なのだが、グライフ伯爵夫人とその娘も来ていた。

グライフ伯爵夫人は、アイリスの結婚でハワードが何日も落ち込んでいたので、彼女の結婚を快く思っていなかった。

それでもハワードの結婚相手はオスカー大公の娘なので、イリア皇妃より、良い家の嫁をもらったのだと鼻が高かった。

そこへアイリスがやってきて、イリア皇妃に挨拶する。

そのすぐ後にネラもやってきて、二人は睨みあう。

店員が、商品の紹介を始め、大陸一の細工師が2年かけて作ったという、美しいネックレスを見せた。

だが価格が帝都の邸宅2軒分だったため、グライフ伯爵夫人は手が出せなかったのだが、ネラは気に入ったと言うので、夫人はぎょっとする。

アイリスも気に入ったと言うので、さすがにこの値段をねだるのはと侍女たちは不安になり、グライフ伯爵夫人の娘メアリーはアイリスを罵る。

だがアイリスは買ってもらうつもりではなく、イリア皇妃にプレゼントしたいと言う。

そんな金あるのかとメアリーが突っかかってくるが、アイリスは無視、イリア皇妃は戸惑う。

店員は、これはチャンスだとイリア皇妃に試着させ、アイリスもイリア皇妃に合わせてサイズを調整するように注文する。

アイリスはイリア皇妃に、結婚式に着けてきてほしい、その美しさに負けないよう自分も頑張ると言う。

それが面白くなかったグライフ伯爵夫人は、自分も買ってもらおうと思いネックレスを試着したいと言うが、店員は先ほどはフォレスト侯爵が購入する意思があったから試着できたのだが、普段はできないのだと説明する。

ネラは、グライフ伯爵夫人の言動に呆れつつ、ハワードから印章を借りていることが知られたらもっと厄介なことになるだろうと思った。

ネラは、これが流行りになるのではと心配ですと言い、やんわり購入する気はないと伝えるが、メアリーに、買いたくない言い訳をしているだけではないか、ウィンハイト大公妃が結婚する際にはウィンハイトに魔力石が埋蔵された島を与えたそうなので、流行りになるなら既になっていると指摘する。

アイリスは、そもそもアイリスは皇族になるので持参金が多く比較にならないことと、姑の物は嫁が全て引き継ぐのだから現金より物が得なのにと、面白そうにネラたちのやり取りを聞いていた。

ネラは大公妃に頼むしかないだろうが、これがオスカー大公の耳に入ったら、グライフ伯爵家とウィンハイト家の仲はこじれる。

追い詰められたネラの目の前で、アイリスとイリア皇妃は楽しそうに注文をする。

イリア皇妃は、支払いは大丈夫かとアイリスを心配するが、アイリスは、支払いが月末だからそれまえに稼ぐと答えるのだった。

漫画「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」119話の感想

アイリスは回帰前とは違い、ネラより人脈も資産も地位も全てが上回っているので、後は追い詰めるだけなのでしょうね。

ネラは本人が覚えていない過去の分も含めて、そのうちアイリスに断罪されるのでしょう。現世だけでもかなりの罪を重ねているので、受ける刑はあまり変わらないのかもしれませんが。

今回は、タイミングよくお店に居合わせたので、ネラにちょっとやり返しましたね。

アイリスはかなり高額の支払いになるようですが、術師なので、なんとでもなるのでしょうね。スマホとテリーがいれば、帝国一の富豪になれるかもしれません。

ネラは、アイリスを蹴落とすためにグライフ家の嫁になったのですが、既に前途多難です。

グライフ家のことや、隠し子のことなど、オスカー大公に知られたらまずいでしょうね。どこまで隠しとおせるのでしょう。グライフ伯爵夫人にたかられたことは、エレナ大公妃に相談するのでしょうか。

ネラはせっかく帝都に戻ってきましたが、どんどん苦境に立たされてますね。


それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください