漫画「帰還者の魔法は特別です」142話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで配信している、アクション&転生&ファンタジーの漫画「帰還者の魔法は特別です」原作Usonan、漫画Wookjakga ( 귀환자의 마법은 특별해야 합니다  )

毎週木曜日に最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「帰還者の魔法は特別です」142話のネタバレ

ホムンクルスを倒す前に、デジールはケイの騎士たちに、自分の指示に従って動いてくれるかと問うと、騎士たちは、少佐が信用している人なら信じると答えた。

まず、ロマンティカの狙撃で、ランク3魔法が効くことがわかった。

その後、突進してくるホムンクルスに、プラムが斬撃をいくつか入れる。

今度は後ろから、アゼストがアイスウェーブで攻撃する。

ホムンクルスは、即死に至る傷も瞬時になかったことにする、因果律を操る能力があるが、その能力も無限ではないので、隙を与えずに最小限の攻撃を繰り返し、相手に最大限の力を使わせる必要があった。

騎士たちがホムンクルスの片足を切り落とすと、ホムンクルスは瞬時に足を生やした。

だが次の瞬間には、思ったよりもトロいと呟くプラムによって、片腕を切り落とされた。

一方、ケイと予言者は、庭園で戦闘中だった。

ケイがオーラブレードを放つと、あまりの衝撃に、宮殿が大きく破壊された。

予言者は、全力で攻撃したいが、ケイ相手では半分を防御に使わなければならないと感心した。

だが、この程の強者に会うのは久しぶりだが所詮人間だと言い、いつの間にかケイの背後に回していたブリューナクで攻撃する。

ケイは心を静かにすると、朗華剣というスキルで、ブリューナクを防いだ。

予言者は、ケイの剣術は本当に境地に達しているのだなと感心するが、守るべき王は死に、ケイの部下は反乱者として処刑された、万が一私に勝てても誰も認めないのに、何故剣を持ち続けるのかと問う。

そして、何か目的があるのかもしれないと指摘する。

その頃、戦闘中の宮殿に、ケフェウスがやってきたのであった。

漫画「帰還者の魔法は特別です」142話の感想

デジール達は、常に消耗させてホムンクルスを再生不能にするようですね。どちらの体力が持つか持久戦です。

ケイについてきた騎士達ですが、ホムンクルスの足を落としていたので、プラムほどではないものの、かなりの実力者のようです。これなら護りを気にせず、順番に攻撃することができます。

予言者とケイの方は、どちらも人間超えしているので、異次元の戦いになっていました。城が完全に廃墟になりそうですね。

予言者は、しきりに所詮人間を繰り返しますが、彼は人間ではないのでしょうか。錬金術を極めて、別の生命体にでもなったのでしょうか。

そして、ようやくケフェウスが登場しました。何をしに来たのでしょうね。協力しに来たのならいいのですが。


それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください