漫画「帰還者の魔法は特別です」141話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで配信している、アクション&転生&ファンタジーの漫画「帰還者の魔法は特別です」原作Usonan、漫画Wookjakga ( 귀환자의 마법은 특별해야 합니다  )

毎週木曜日に最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「帰還者の魔法は特別です」141話のネタバレ

ケイが、あなたが予言者かと問うと、ケイが剣聖だと察した予言者は、実に不愉快だと言う。

ケイは、あなたがこの国に足を踏み入れた瞬間から崩壊が始まったから、不愉快なのはお互い様だと言い、剣を向けた。

預言者は偉業を成し遂げたと言うが、ケイはそのようなものに興味はなく、多くの人が苦しんだこと、この国に災いをもたらしたこと、国王を殺したこと、それらの罪のために予言者を処刑すると言う。

ケイは魔法が全ての魔道王国の一兵士だが、この時代最強の剣士だ。

だが、人間でしかないのだからうぬぼれるなと言い、予言者は仮面をつける。

デジールは、予言者について生気を感じられず、まるで死体のように感じていた。

ケイの斬撃は無効化され、預言者の胸元にある、アーティファクトのブローチが砕けただけだった。

その上、ブリューナクという無数の槍を召喚する、デジールですら初めて見るアーティファクトを使った。

ケイは皆の所まで後退すると、ケイとその部下は正面を、デジール達は側面を対処するように指示をだした。

予言者は、近くにあったホムンクルスのタンクを破壊すると、幾人もの英雄を殺した神話中の兵器と、錬金術が生み出した永遠の真理のどちらによって死ぬか、選ばせてやると言う。

予言者が用意したホムンクルスは、プルース戦で見たホムンクルスより人間らしくなっており、内臓魔力量も以前とは比較にならなかった。

だがデジールは倒す方法がわかっているので、一緒に連れてきた騎士達の指揮権を自分に与えてほしいと言う。

ケイは予言者と一対一での戦闘になった。

相変わらずケイの斬撃は通らないが、予言者のブローチは早いペースで破壊された。

デジール達は、デジール指揮のもと、ホムンクルス排除に取り掛かるのだった。

漫画「帰還者の魔法は特別です」141話の感想

ついに予言者との戦闘が始まりました。

予言者の攻撃方法は、ブリューナクの槍でした。なんだか格好いいですね。

ブリューナクは、ケルト神話の武器としてゲームなどでよく耳にする言葉ですが、実際は日本人が作った言葉だそうです。

ケルト神話の太陽神ルーの武器ですが、神話ではルーの槍としか表現されておらず、固有名詞があるわけではないそうです。

さて、予言者はさすがの実力者でした。まさかあの時代最強のケイの攻撃が、全く届かないなんて。これはアゼストやプラムでは相手にならなかったでしょうね。

しかも予言者が出してきたホムンクルスは、これまでのものとは見た目からかなり違いましたね。

明らかに強敵ですが、デジール達もいつもの4人が集まったので、安心ですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください