漫画「入学傭兵」33話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※全エピソード一覧はコチラ

無料漫画アプリ・LINEマンガで連載中の「入学傭兵」原題・입학용병、原作:YC、漫画:rakhyun

毎週木曜日に最新話が更新されます

32話のエピソードあらすじはコチラ

漫画「入学傭兵」33話のネタバレ

少佐達の脱出時間まで敵を引きつけるために、壮馬は一人にも関わらず、敵を次々と狙撃した。

地形上位置バレしにくいので、移動し、再度攻撃をしかける。

その戦闘の音と光は、冨田少佐たちの部隊にまで届いた。

詳しい状況はわからないが、救助隊が来るまで待機することに。

壮馬の方は、敵に少数であることがばれたようだった。

そこで敵は少人数を回り込ませ、壮馬を襲撃するつもりのようだったが、気づいた壮馬に始末される。

救助隊到着まで残り14分となった。

冨田少佐たちには、救助隊が間もなく到着すると連絡が入ったので、一般人はホッとしていたが、冨田は、最後まで気が抜けないと、銃を構えて周囲を警戒していた。

すると無線でMと名乗る者から、3分後に合流すると言われたので、もしやと思い、周囲を確認する。

両手を上げた状態で近づいてくる人影が見えたので、スコープで確認すると、やはり壮馬だった。

救助隊のヘリコプターが到着すると同時に、冨田は駆け出し、壮馬の胸倉を掴むと、何故ここにきたのかと怒鳴った。

壮馬は、このエリアをよく知っていることと、少佐たちが危機だと知って何もしなかったら、一生後悔しそうだからと答えた。

冨田は、ガキのくせにと言い、涙を流した。

皆は救助隊のヘリコプターに回収された。

一方、敵勢力の眼帯男たちは、アルファチームがまともに抵抗できないまま全滅していたこと、デルタチームが移動中に襲撃され20名中17名死亡したことを確認する。

援軍がなかったことや、確実に獲物を罠に誘い込んだことから、あとは待つだけだったのに、彼らは失敗した。

眼帯男は、過去に似たような戦闘があったことを思い出し、数年前に始末した001が生存していることを想定して、状況を分析するように命じるのだった。

漫画「入学傭兵」33話の感想

壮馬の強さだけ尋常じゃないですね。

たった一人で数十名の軍人を瞬殺できるので、変に部隊を組まず、単身突撃が一番成果がありそう。

てっきり、因縁がありそうなあの眼帯男と、壮馬が遭遇するイベントがあるかと思っていたのですが、眼帯男が壮馬の存在を察しただけでしたね。

眼帯男は、失ったであろう左目を押さえて、とても困惑していましたね。

彼らの中では、壮馬は始末済みとのこと。001とコードネームがあったので、かつての仲間だったのかもしれませんね。

しかし、壮馬にサクっと倒されてほしかったのですが、まだその時ではないようです。残念。

また何かのきっかけで、戦場で遭遇することになるのか、壮馬が帰国していることを調べ上げ、襲撃にやってくるのでしょうか。

とりあえず、冨田たちを救出できて良かったです。また友人たちとネカフェで遊べますね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んでくださってありがとうございます

次回もまた楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください