漫画「私が娘ですか?」33話の作品内容とあらすじネタバレ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「私が娘ですか?」原作:Flow、漫画:HASH、原題:내가 딸이에요?

毎週水曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードあらすじはコチラ

漫画「私が娘ですか?」33話のネタバレ

カリスト家に、突然の魔物討伐の出征命令が来たのだが、まだ皇子の毒の出所が不明だったため、皇室と敵対するわけにもいかず、命令に従うしかなかった。

執事のロイドは、少し前にヴァレリアン大主教が、ヴィンセントとの面談を申し込んできたと報告する。

ヴィンセントは、ジェイドと一緒にあの子を連れ戻すように説教するのだろううと苦笑し、その後、部屋に戻った。

部屋に戻ったものの、ヘイリンのことばかり思い浮かべてしまう。

ヴィンセントはロイドを呼び、直ちに内密に貴族たちを招集するよう命じた。

一方その頃、ヘイリンはザカリー伯爵に屋敷を案内され、伯爵からのプレゼントだというヘイリンの部屋へ向かった。

だが部屋はひどく荒らされていたので、ザカリー伯爵は怒った。

口止めされているのか、使用人のヘセンが夫人か娘の仕業かはっきり言わないことと、先に片付けておくべきだったことから、ヘセンは罰が下るまで謹慎する羽目になった。

翌朝、ヘイリンは、ザカリー伯爵一家と朝食の席についたが、食欲がなく俯いたままだった。

すると伯爵の娘のアドリアンが、ヘイリンを家族と認められない、汚らわしいから一緒に食事したくないと、フォークを投げわめきだした。

ザカリー伯爵が怒鳴ると、アドリアンは、私は嫌だといったのに、パパなんか嫌いと泣き出し、食堂を出て行ってしまった。

伯爵夫人も食欲がないと言い出し、席をたった。

娘と伯爵夫人には、前世でも現世でも嫌われているようだ。

伯爵はヘイリンに、ゆっくり食事を摂るよう気遣うと、同じく食堂から離れたので、ヘイリンは幾分か気が楽になり、食事を摂りはじめた。

だが今度は、メイドたちが、一人になってもまだ食べるのか、卑しい生まれだと、ヒソヒソと悪口を言い始めた。

このような扱いは慣れていたが、カリスト家で温もりを知ってしまった今は、もう戻れないことに寂しさを感じた。

とある日、アドリアンが倒れたと屋敷の中があわただしくなっていたので、今ならばと、ヘイリンは屋敷を抜け出した。

ひたすら庭を走ると、過去で監禁され焼き殺された、あの小屋にたどり着いたのだった。

漫画「私が娘ですか?」33話の感想

ヘイリンをカリスト家に奪われないように、皇室から出征命令が下されたようです。

そこまでヘイリン囲い込むのは、ヘイリンがカリストの血筋に違いないからで、ザカリー伯爵はヘイリンの保護と監視を皇室に命じられているのかなと思います。

ですが夫人と娘をうまく納得させることができなかったため、家庭が荒れ、前世では八つ当たりで暴行されたのでしょうか。

放火されて殺されたのは、カリストの血が他に出てはならないので仕方なく処分したのか、不運だったのかはわかりません。

単に、ザカリー伯爵がヘイリンに執着しているだけかもしれません。まだ色々とわからないですね。

ヴィンセントの方は、貴族を集めろと指示していましたが、討伐とヘイリン奪還のことを相談するのでしょうか。

主人公サイドが後手後手なので、なんとか挽回してほしいですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んでくださってありがとうございます

次回もまた楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください