漫画「私が娘ですか?」32話の作品内容とあらすじネタバレ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「私が娘ですか?」原作:Flow、漫画:HASH、原題:내가 딸이에요?

毎週水曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードあらすじはコチラ

漫画「私が娘ですか?」32話のネタバレ

ヴィンセントは、ヘイリンを取り返すために、ある人物と接触するように配下に命じる。

一方、馬車で移動中のヘイリン達。

ザカリー伯爵のもとに、皇室から伝令が来たので、ザカリー伯爵は馬車を降りた。

ヘイリンと皇太子の二人きりになると、皇太子は、どうして施設にいたのか、母親を覚えているかとヘイリンに尋ねる。

ヘイリンは母の姿を思い出したくても思い出せず、よくわからないと答えた。

ヘイリンが隠しているのではなく、本当にわからないのだと知った皇太子は、バカじゃないのか、これをどうすればいいのかと呆れる。

施設に捨てられたときに何か持たされたものはないのかと訊かれても、ヘイリンはうまく答えられないので、皇太子はイライラしだした。

ヘイリンは、皇太子は第二皇子と容姿は似ていても、全然違うのだと涙目になった。

ザカリー伯爵が違う馬車に乗り込んでいるのが見え、皇太子も目をつむって寝始めたので、今なら逃げ出せるかもしれないと、ヘイリンは馬車から降りようとする。

だが皇太子に体を掴まれてしまう。

その目の前を馬車が猛スピードで通り抜けていったので、皇太子はヘイリンを守ったようだ。

伯爵は他の皇族に会っているだけですぐに戻ってくるから、じっとしていろと言い、皇太子はヘイリンを馬車の中につき戻した。

その後、ザカリー伯爵邸に到着する。

ザカリー伯爵は皇太子に礼を言い、泊まられるか尋ねるも、皇太子は断る。

皇太子はヘイリンに、次にはもう少しふさわしい振る舞いができるようになっていてくれと言い、帰った。

ヘイリンはとうとうザカリー伯爵の娘として、屋敷に入ることになってしまったのだった。

漫画「私が娘ですか?」32話の感想

ヴィンセントたちは、ヘイリンを救出するために、なんだかリスクのある人物と接触するようですね。

ヴィンセントたちがもう少しうまく立ち回っていれば、、、とは思います。

ヘイリンの方は、自己評価が低く、常におどおどしているので、皇太子を苛立たせています。

彼は傲慢で乱暴ですが、裏表なく、公平な性格だと思います。なので彼に気に入ってもらえれば、逃げるチャンスはあったかも・・・?

ただヘイリンの性格が受け身のままで、変わらない限りは難しそうです。それでもまだ皇太子は見限ってはいないようなので、後の皇帝となる彼とは仲良くなっておきたいところ。

皇太子の口ぶりから、皇帝の命令で彼はヘイリンと仲良くしないといけないようですね。やはり狙いは、ヘイリンがカリストだとわかっていて、カリスト家の影響を受けない状態にしたヘイリンを皇室に取り込むつもりなのでは。

しかしヘイリンが終始オドオドしているので、色々な意味で心配になるエピソードでしたね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んでくださってありがとうございます

次回もまた楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください