漫画「目覚めたら怪物皇太子の妻でした」最新話25話のあらすじネタバレと感想

※全エピソード一覧はコチラ

漫画アプリcomicoで連載中の「目覚めたら怪物皇太子の妻でした」原作 Jang Namu 、作画 Hagwa(STUDIO WOOGII)、原題 괴물 황태자의 아내가 되었습니다

毎週土曜18時に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「目覚めたら怪物皇太子の妻でした」最新話25話のネタバレ

アンシアがダンスをしなかったことについて、皇帝も配慮してくれたと言うと、呪われている自分はそのような場に出れないのにと、ブレイクは悔しがった。

アンシアは、呪いは解けると言ったはずと励ます。

今日再会したダイアナは、ブレイクを治すことができるのだ。

可愛らしいダイアナとブレイクの未来を思い、アンシアは、呪いが解けたらダンスを踊ると約束してもらう。

ブレイクはもちろんだと答えるが、アンシアが自分を置いてどこか遠くに行くのではと察し、自分を置いていかないでくれとアンシアにすがった。

アンシアは、泣かないでと彼を抱きしめるが、いつものように嘘をつけなかった。

ブレイクに再度、いなくならないと約束してほしいと言われ、アンシアは約束した。

約束はしたものの、ブレイクは呪いを解くためにダイアナと恋に落ちる必要があるので、アンシアは別れの準備しなければと考えた。

リチャードが原作通りにダイアナを計略で得ようとしないように、徹底的に対処して去るつもりだったが、ただまだ何か不安はあったし、ブレイクが予想より自分を好いていることも問題だった。

数日後、アンシアに招待され、皇太子宮にダイアナがやってきた。

ブレイクには新しい服を着せ、二人が早く恋に落ちるように会わせることにしたのだ。

ダイアナが到着すると、彼女はまず大好きなアンシアに飛びついた。愛犬のようにアンシアになつくと、ブレイクににこやかに挨拶した。

ブレイクとダイアナが並んでたつ姿は、想像よりも似合っていた。

アンシアは自分は皇帝に会うからと、わざと二人きりにさせて、気持ちを抑えながら足早にその場を去るのだった。

漫画「目覚めたら怪物皇太子の妻でした」最新話25話の感想

アンシアがいずれ去るつもりなのを、ブレイクがなんとなく肌で感じ取ってしまったようです。

今のブレイクにはアンシアしかいないので、気が気でないすよね。

アンシアが来てから、テステオンとブレイクはまだ1回しか直接会ってはいませんが、テステオンからのケーキを届けたりと、アンシアは父と子の仲介者でもあるので、ブレイクにとって彼女は全てです。

さて、アンシアはブレイクのために、ダイアナを呼び寄せました。

本当はアンシアが彼を治してあげたいだろうに、力の強いダイアナに任せるしかできないのはつらいですね。

ただ、いくらブレイクの初恋相手だからと言って、今ではアンシア大好き人間同士が恋愛に発展するかどうかは謎です。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください