漫画「これはまぎれもない結婚詐欺ですっ!」75話のネタバレと感想!あらすじまとめ~ペルシルとペルフラ

全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「これはまぎれもない結婚詐欺ですっ!」原作BakHedam、漫画Pearjuice、脚色Jade、原題이건 명백한 사기결혼이다

毎週月曜日に最新話が更新されます。(5週連続更新後、1週休載)

前回のエピソードはコチラ

漫画「これはまぎれもない結婚詐欺ですっ!」75話のネタバレ

14年前、アシュエルは、3カ月の領地視察に行く前にペルシルに会い、結婚して欲しいと指輪を渡した。

兄が即位したので自分は地方領地にいく、今回の視察はペルシルと二人で暮らすための土地を確認しに行くのだと言う。

今のように贅沢な生活はできないが、誰よりも貴女を大事にする、このプロポーズを受けてくれるのなら、視察終了後にこの指輪をはめて出迎えて欲しいとのこと。

ペルシルは笑顔で彼を送り出した。

ペルシルはアシュエルの好意は嫌ではなかったし、亡国の王女である自分には過分な申し出だと思ったが、権力に興味のない彼と結婚してしまったら、ロヒタン国を滅亡させたガヒシ王国に復讐をすることができないと考えていた。

庭園を歩いていると、皇帝であるアシュエルの兄がペルシルを待っていたのだが、何故かペルシルと初めて会ったかのように彼女がペルシルであるか聞いてきた。

皇帝はペルシルをお茶に誘い、本当の名前は何か、生贄という意味ではないだろうと指摘する。

ペルシルはハっとして、フレメンタと答え、何故本名を知っているのかと言う。

皇帝の目は緑に光り、彼女が生まれた場所や季節を言い当てた。

何者ですかとペルシルが問うと、風の神ペルフラだと、皇帝に憑依したものは答えた。

ペルフラは、ペルシルという名前の意味を知っているという。

ロヒタンは代々、ロヒタンが仕えてきた火の神ヤードの器となるために、王妃が産んだ最初の子供を神にささげてきた。

だがヤードはカリアードに完全に吸収されているので、儀式だけが残っている状態だった。

ペルフラは、ペルシルが神のための供物だから、自分のために体を産んで欲しいと言う。

ペルフラの器となるためだけの空っぽの体を、ペルシルの子供として産んで欲しいのだと。

この頼みを聞いてくれるのなら、結婚祝いとしてペルシルの願いである、ガヒシ王国の滅亡を叶えてやると言う。

時間はまだあるから、よく考えるように言われたペルシル。

ペルフラは人間嫌いだったが、目的のためにペルシルに何度も会いにきては親切にした。

ペルシルは、このまま復讐もせずに終わっていいものか、もし子供を捧げるとなったらアシュエルに隠したままでいいのかと、彼からもらった指輪を眺めながら悩んでいた。

すると血相を変えた皇帝がペルシルの部屋にやってきて、貴様らの企みに気づかないと思ったのか、ペルフラの望みを叶えればこの地獄から抜け出せるのかと怒鳴った。

ペルシルが憑依していない皇帝は恐ろしく、ペルシルは震えた。

皇帝は、アシュエルの帰りを待っていられないと言い、無理やりペルシルを抱いた。

事が済むと、ペルフラが皇帝に体に戻り、精神を眠らせていたのにどうして目覚めたのかとペルフラは苛立った。

穢されてしまったペルシルは、全て消し去ってほしいとペルフラに頼んだ。

ペルフラは、ペルシルが子供を生む前に、ガヒシ王国を抹消した。

そして現在、ペルシルの娘として体を得たペルフラ。

ペルフラは、計画があるから近いうちにまた来ると言う。

ペルシルはペルフラに、使うのなら娘でなく私の体を使って欲しいと頼むのだった。

漫画「これはまぎれもない結婚詐欺ですっ!」75話の感想

ペルシルの壮絶な過去が明らかになりました。

何故皇帝が突然彼女を望んだのか、ペルフラと関わっていたのか、ペルシルは神に捧げられるために生まれ、神によって人生が狂いました。

ペルシルが復讐にとらわれず、アシュエルの愛を受け取っていたのなら、これほど悲惨なことはなかったのにと思います。復讐を迷ったために、結局身も心も壊されてしまいました。

皇帝だって、わざわざ弟の想い人に手を出すつもりはなかったのでしょう。でも体を乗っ取られ好き勝手された怒りで、暴挙にでてしまいました。望まぬ行動でアシュエルに殺されてしまいます。

全てはペルフラが原因ですね。ただペルフラもカリアードに吸収されず、自由に生きたかっただけかもしれません。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください