漫画「これはまぎれもない結婚詐欺ですっ!」74話のネタバレと感想!あらすじまとめ

全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「これはまぎれもない結婚詐欺ですっ!」原作BakHedam、漫画Pearjuice、脚色Jade、原題이건 명백한 사기결혼이다

毎週月曜日に最新話が更新されます。(5週連続更新後、1週休載)

前回のエピソードはコチラ

漫画「これはまぎれもない結婚詐欺ですっ!」74話のネタバレ

鞄を見たことで、デリスは星のために自死したこと、彼が先に転生したことなど過去の全てを思い出したレイリンは、泣きながら彼に抱きついた。

デリスの方はまだ記憶が戻っていなかった。

転生後、デリスは辛い人生を送ってきて、レイリンはエフランで幸せに生きていたが、片桐星の記憶はあっても、大事なあのときの記憶だけどうして失われたのか。

デリスは、レイリンが死んでカリアードも死んだのかと言い当て、そいつのために泣かないでくれと言い、彼女にキスした。

そいつとはこんなこともしたのかと、デリスは過去の自分に嫉妬し、彼女を押し倒す。

レイリンは、私が誰を愛しているか教えてあげる、部屋を変えようと誘う。

だが、一時の快楽のためにレイリンに苦労させたくないデリスは、準備がまだできていないと断る。

レイリンは一種の駆け引きかと、デリスをじっと見つめるが、二人共初めてなのだからと考え直し、もっとキスで経験を積むことにする。

デリスは転生前とどちらが良かったかと、過去の自分に嫉妬し、レイリンを質問攻めにした。

大公妃の執務室に戻ったレイリンは、そんな彼を思い出し、可愛らしく思う。

するとベラがやってきたので、記憶が戻ったことを話すと、星を呼び出したベラは既に気づいていたとのこと。

レイリンは、自分たちのために尽くしてくれたアルベラに礼を言う。

ベラは、自分がカリアードの死を早めたようなものだ、星はそれで酷く悲しんでいたから、星に恨まれているのではないかと不安だったと言う。

レイリンは、ワガママ言ったのは自分だ、アルベラは転生させようとかなり協力してくれたではないかと微笑む。

アルベラは涙をこぼし、ありがとうと言ってレイリンを抱きしめた。

どうしてその時の記憶だけ忘れてしまったのかとアルベラに尋ねると、星は別の惑星から来たから、無理に転生した結果、自分で記憶を消したのではないかと言う。

レイリンが、今は人間の体だからいずれ死ぬ、また転生したときに記憶が失われるのではないかと聞くと、好きなだけ生きることができ、どんな毒や病気にもならないようにと、アルベラがレイリンの体を作成したので、転生するような心配は無いと言う。

2人仲良くソファに腰掛けると、離れろと言い、デリスが現れた。

アルベラは、星の欠片は私達全員にとって大事な存在だと怒るが、デリスは、不満なら大人しく吸収されればいい、だがペルフラに奪われたから力はないのだろうと言う。

アルベラは、ペルフラから取り戻したいが、このジャネットの肉体はアルベラの力を引き寄せるには弱すぎるので、すぐに取り戻すには体を捨ててデリスに吸収されるしかないのだと話す。

そうなると、シュタントとの子供は諦めなくてはならなかった。

しかも一度でもデリスに吸収されると、戻る事はできないという。

デリスは、自分を狙っているので、そのうちペルフラの方から来るだろうと言う。

レイリンが、もしデリスが怪我しても治癒の力をもつカリーダがいるから大丈夫かと尋ねると、水の力もカリーダも、デリスの中に無い事が判明した。

カリーダがどこにいるか、デリスには記憶がないが、神たちは星の欠片が好きなので、おそらく近くにいるとのこと。

ペルフラは大地の力を使い、何をするつもりなのかと、レイリンは不安になる。

一方その頃、皇宮に帰ったペルシルは、愛娘ミントの部屋を訪れた。

ミントの目は緑色に光り、久しぶりフレメンタ、と言う。

ペルシルの前に現れたのは、ミントに憑依したペルフラなのだった。

漫画「これはまぎれもない結婚詐欺ですっ!」74話の感想

デリスには前世の記憶がないので、前世の自分に嫉妬してしまうようです。他の惑星からきた星は戻って、デリスには戻らなかったのは謎ですね。

星にまた出会うために自死を選ぶほどの愛の記憶を、失ったままというのは少し悲しいですね。

アルベラは転生について、自分が2人を悲しませたと罪悪感を抱いていましたが、レイリンは全く気にしていませんでした。アルベラのおかげで、デリスと出会い、また愛し合えるので、恨むことなどないのでしょうね。

それにまた死で2人が別れることになっても、同じように転生を選ぶのでしょう。同じ選択しかしないのだから、アルベラの責任ではないと考えているのでは。

さて、実はデリスは水の力を全く持っていないことが判明しました。確かに使っているところ見たことがありません。では吸収したはずのその力は今どこにあるのでしょうね。

また、これまで息を潜めていたペルフラがついに動きだしました。ペルシルと以前から接触していたようですね。

実はペルフラは、前から帝国を引っ掻き回していたのでしょうか。だからこれまでアシュエルの恋を認めていた兄が、突然ペルシルに手を出したとか?ペルフラの登場は嫌な予感しかしませんね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください