漫画「悪役のエンディングは死のみ」20話のネタバレと感想!あらすじまとめ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「悪役のエンディングは死のみ」原題・악역의 엔딩은 죽음뿐

1~3話までピッコマで一気読みできます。

毎週日曜日に最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「悪役のエンディングは死のみ」20話のネタバレ

レナルドの好感度が知らぬ間に3%から7%になっていたので、ペネロペに会わなければ好感度があがるのか、努力した時間がもったいないと、彼女は呆れる。

何をしていたのか訊かれたので、散歩していたと答えると、抜け穴の近くだと指摘されバレる。

レナルドは訓練が終わって帰るところらしい。

彼が何故かじーっとみてくるので、何か言いたいことがあるのかと聞くと、何でも無いとのこと。

ペネロペはさっさと移動しようとするが、レナルドに、以前ペネロペが騎士を真似て塀を乗り越えようとして足を骨折したから塀を増設した、だから今考えていることはやめろと言われてしまう。

塀の高さに納得しつつ、以前のペネロペに呆れる彼女は、そうではないと答える。

勝手にしろと言い、レナルドは去る。

すると、レナルドとお祭りの見物という突発イベントが発生した。

報酬は好感度が3%しかもらえず、ゲームで何度も死んだイベントだったため、ペネロペはイベントを始めなかった。

お祭り初日の夜、ペネロペは外出を諦めず、シーツを結んでつなげたロープを窓から垂らした。

目立たぬようローブを着て、公爵から褒美としてもらった白紙小切手をもち、準備万端だった。

だが実際にロープを伝って降りたところ、長さが足りず、変な高さで身動きできなくなった。

飛び降りれる自信もなく、どうしようと焦っていると、何をしているのかと言い、一階の窓からレナルドが顔を出した。

そこはレナルドの部屋だったようだ。

まさか家出するつもりなのか訊かれた彼女は、少し出かけようと思っただけだと言い訳する。

ペネロペがずり落ちそうになったため、受け止めてやるから飛び降りろと、レナルドが言う。

ペネロペは戸惑いながらも、ちゃんと受け止めてと言い、飛び降りた。

彼女をお姫様抱っこのような形で受け止めたレナルドは、捕まえた、と笑みを浮かべるのだった。

漫画「悪役のエンディングは死のみ」20話の感想

この前の「本当に嫌い」発言で、レナルドの好感度が上昇したようです。

多分レナルドは、素直に接してくれるのが嬉しいようですね。ペネロペは、レナルドに対して生意気なことばかり言っていますが、彼は不快に思ってないようです。

ペネロペはレナルドを攻略する気がないので、それが良い方向に働いているのでしょうね。

さて、抜け穴を通って脱出しようとしていたことがバレ、窓からの脱出がバレ、レナルドにお姫様抱っこされているペネロペ。計画が全くうまく進んでいません笑

この後、普通に部屋に戻されるのか、レナルド付きで祭りへと抜け出すことになるのか、どちらでしょうね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください