漫画「悪女が恋に落ちた時」37話のネタバレと感想!あらすじまとめ

無料漫画アプリ・ピッコマで配信している転生恋愛ファンタジー漫画「悪女が恋に落ちた時」原題・악녀가 사랑할 때

不治の病の悪役令嬢に転生してしまった主人公が、元の悪役令嬢の記憶を取り戻しながら、やりたいことを満喫する恋愛ファンタジー漫画です。

毎週火曜日に最新話が更新されます

前回のあらすじはコチラ

※今のルペルシャ=リシャ、前のルペルシャ=ルペルシャ、でまとめています。

漫画「悪女が恋に落ちた時」37話のネタバレ

久しぶりにイケメン達に会い、気を失ったリシャは、神秘的な森にいる夢を見る。

きっとルペルシャ姉様に会えるに違いないと思ったリシャは、キョロキョロ見回し、ガゼボにいるルペルシャを見つける。

ルペルシャは、もし私に会いたいのなら、さっきのように大声を出さず、記憶の中の私の耳に囁やけばいいと言う。

リシャが、記憶を全て取り戻したらこの体は自分のものになるようだが、ルペルシャ様はどうなるのかと尋ねると、ルペルシャは少し悲しそうに微笑んだ。

そんなルペルシャが心配になり、リシャは手を伸ばすが、夢は終わり現実に戻ってしまった。

まだ答えを訊けていないのが気がかりだが、また会えるから良かったと思う。

ふとベッド脇に、目の下に濃いクマのある、やつれた侍女のアリンがいるのに気が付く。

アリンは、皇女殿下が目覚めたと、大声で周囲に呼び掛ける。

すると、同じくやつれた様子のイケメン達や他の侍女がやってきた。

皆目の下に濃いクマがある。

イケメンの美貌に差し障ると心配になるリシャ。

カインはロックスに、リシャを診察するように指示。

イケメン達は思いつめ、侍女達は泣いている。

どうしてこのようになったのか理解できないリシャに、倒れてから三日たった、三日も意識が戻らなかったことで皇帝もリシャを気にしていたと、カインが話す。

皇帝がリシャに関心を持ったということは、皇太子がリシャを敵対しするので、これは死亡フラグではと、リシャは真っ青になる。

不安になった上に、何故か皆、思いつめた表情で黙っているので、彼女は余計不安になった。

リシャは皆に、少し考える時間が欲しいと言うのだった。

漫画「悪女が恋に落ちた時」37話の感想

リシャは三日も意識を失ったままでした。もうだめかと、皆はとても心配したようですね。クマの色が真っ黒です。ヘレイスまでも、かなり思いつめていたようでした。

リシャは長めの夢を見ることで、久しぶりにルペルシャに会えましたね。記憶が完全に戻ったときどうなるかを知りたい主人公ですが、ルペルシャは微笑んだだけでした。

記憶が全て揃えば、ルペルシャの気持ちがわかるのでしょうけど、その頃には魂の入れ替わりが完全に終わってしまい、ルペルシャは消滅してしまうのではと心配です。

さて、ルペルシャが長く気を失い、いよいよ危ないかというときになって、ようやく皇帝が興味をもったようです。エゴで彼女を皇宮に押しとどめたのに、今まで放置状態だったのはどうかと思いますが。

そのせいで、天敵の皇太子ラビロフに目をつけられそうになり、リシャは真っ青に。ラビロフだけは、ガチで殺されそうなので怖いでしょうね。

早くもう一人の登場人物・ダニエルを仲間にして、皇宮から逃げられたらいいですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください