漫画「盗掘王」161話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「盗掘王」漫画3B2S、脚色Yuns、原作sanji-jiksong、原題도굴왕

毎週火・金曜日に1話ずつ、最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「盗掘王」161話のネタバレ

干からびた大河原会長を見た誠たちは、すぐに治療を受けさせようとするが、大河原会長は突然起き上がり、遼河を捕まえろと怒鳴った。

これまで蓄えていた資本を全て使って、遼河を捕まえるのだと怒鳴るが、誠たちは気まずい表情だ。

どうして誰も動かないのか、何があったのか言ってみろと大河原会長が言うと、会社も資産も従業員も全て失ったことを聞く。

大河原会長は発狂した。

その頃、航海中の遼河達。

ミミズ遺物は、お菓子を満喫していた。

そこへ荒縄がやってきて、1億ドル払ったのだから、約束通り人間化する方法を教えろと言う。

ミミズは巻物を渡したが、中身は遺物の人間化を禁じるお触れだったので、荒縄は怒り、ミミズを締め上げる。

ミミズは、遺物を売ったのがばれたら捕まるのだと説得しようとする。

するとそこへ、詐欺もほどほどにしろ、そのようなお触れは存在しないと言い、軍団長の地位をもつセトが現れた。

荒縄にさらに締め上げられたミミズは、桓雄がくれたヨモギとニンニク、という遺物を出し、これを食べれば人間になれると言う。

物語では100日食べないといけないが、神クラス遺物だから1口食べれば変身できるとのこと。

早速食べようとする荒縄だが、口がなかった。

不憫に思ったセトは、同じ機能の他の遺物はないのかと聞くが、それしかないとのことで、ミミズは深く落ち込むのだった。

遼河達は、空港のあるカナダ北部の都市に到着した。

飛行機の乗客たちは、ようやくホッと一息つけたようだった。

雪は遼河に、乗客の中にクロエ・ロダンいたことを報告する。

テロリストに混ざっていたが、どの組織に属しているかわからなかったので、監視をしていたと話す。

テロリストに混ざっているなんてらしくないと、遼河も変に思う。

雪は、クロエにキルダルをつけるかと聞くが、遼河は、刺激しない方が良いだろうと言う。ク

ロエは雪たちを見て、ふっと笑みを浮かべると、たちまち気配を消して、どこかに行ってしまうのだった。

漫画「盗掘王」161話の感想

とりあえず大河原会長は復活したようで、良かったです。会社や資産が大変なことになっていますが。倉庫の遺物も、帰属性の遺物も、全て失われてしまいました。

大河原会長は支配力はかなり持っているので、いい遺物さえ手に入れば、また元に戻れるのではないでしょうか。

荒縄は残念でしたね。まさか食べるタイプの遺物だとは。

途中まで、縄だけど食べれるんだなと妙に感心して読んでいましたが、やはり無理でした。でも変な擬人化されるより、今のペットのような状態の方が可愛いと思います。

クロエですが、雪が監視していることに気づいていたのですね。どこの組織に属しているのかは謎ですが、敵意は無さそうですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください