漫画「帰還者の魔法は特別です」107話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで配信している、アクション&転生&ファンタジーの漫画「帰還者の魔法は特別です」原作Usonan、漫画Wookjakga ( 귀환자의 마법은 특별해야 합니다  )

毎週木曜日に最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「帰還者の魔法は特別です」107話のネタバレ

デジールパーティーは、遭遇したモンスターを蹴散らし、5分休憩をとる。

デジールは過去で1階のパーティー戦の記憶はあったが、ベータクラスだったため2階からの詳細は知らなかった。

アルファクラスであればそう難しくないのだろうが、ベータクラスはそうではなく、次々と脱落するパーティーの名前がアナウンスされる。

悲鳴が聞こえたため、デジール達は救助に駆けつける。

とあるパーティーがガーゴイルの群れに囲まれていた。

デジールの指示で、メンバーがそれを蹴散らす。

デジールは、3人しか残っていない、助けたパーティーのリーダーに質問する。

この段階で3人も脱落するレベルなのに、どうやってここまできたのかと聞くと、少しでも奥まで侵入してスコアを上げるために、無理して突き進んできたのだと言う。

このような無様な結果になってしまったが、これしかできなかったと悔やむリーダー。

彼はデジールに、何故アルファクラスに移ったのにベータクラスだけのパーティーなのかと聞くので、差別をなくし平等な学校を作るためだと答えた。

やはりそうか、本当に可能かと呟くリーダーに、必ずやり遂げてみせると言うデジール。

彼らは心ののモヤモヤが晴れたのか、メンバー同士で労いの言葉をかけ、その場で棄権した。

デジールは、今のが優勝しなければならない理由だと、自分のパーティーメンバーに伝えた。

2階には、1位ブルームーンパーティー、2位レッドドラゴンパーティー、3位デジールパーティーの順で到達した。

その順位でパグマンはブリジットを冷やかす。

その様子を見ていた何者かが、順位など意味がない、本当のゲームはこれからだと、笑みを浮かべるのだった。

漫画「帰還者の魔法は特別です」107話の感想

さすがデジールパーティーは、苦戦しないですね。

でも他のベータクラスのパーティーは、かなりの数がリタイアしました。貴族と平民で、相当授業内容に差があるようですね。

デジール達は他のパーティーの救助までしていましたね。それで2階到着が遅れたのだと思いますが、戦闘映像は教授たちは見ていないのでしょうか。救助は評価に影響しないと思いますが、注目されているわりに普段の戦闘はスルーされているデジールパーティーです。

また、これからが本番だとニヤついた口元の人物がでましたね。現在の順位を気にしていないところをみると、平民よりの人物ではないかと思います。

教官のエルセンブランは、デジールに直接際どいことを聞く人物なので、彼ではなく、平民出身のベンキック教授が怪しいかなと思います。

2階からはアルファでも苦戦するような難易度になりそうですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください