漫画「外科医エリーゼ」最新話136話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※各エピソード一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマにて独占配信中の「外科医エリーゼ」原作yuin、漫画mini、原題・외과의사 엘리제

毎週水曜日に最新話が更新されます。

前回のあらすじは、コチラ

漫画「外科医エリーゼ」最新話136話のネタバレ

アムセルは目覚めた。

するとエリーゼがやってきて、しばらくは安静にしてくださいと言う。

エリーゼが自分の手術をしたと知ったアムセルは、傍にいたユリエンに席を外すように指示する。

エリーゼと二人きりになると、アムセルは礼を言い頭を下げる。

そして、余命はどれくらいかと尋ねた。

エリーゼは、長くて2,3年、早ければ数ヶ月で容態が急変するかもしれないと答える。

アムセルがお礼をしたいと言うので、エリーゼは、血塔の悲劇について教えて欲しいことがあると言った。

その瞬間、死ぬ前に懺悔しろとでも皇太子が言ったのかと、アムセルが激怒した。

いかに自分の命を繋ぎとめてくれたとはいえ、それだけでは応じられない、あの日皇子と自分は仇になったというだけ、間違ったことはしていないと言う。

皇宮で苦しむ妹を放っておけなかった、だからこそ起きたことなのだと言い張るので、エリーゼは、理由があったからといって過ちが正当化されるわけではないのに、でも今何を言っても聞かないだろうと思う。

そこで、ミハイル殿下の痛みを理解してはいただけないか、そしてずっと苦しんできた皇太子の心も一度だけ考えていただけないかと話し始めた。

閣下にとって皇妃が大切な人なのと同じように、皇太子にとっても大切な母と姉だったのですと言い、生涯苦しみ続けた皇太子の婚約者として、ミハイル殿下の親友として、お二人の痛みを一度考えてみてはくれないかとお願いした。

アムセルは、もう行きなさいと言い、エリーゼを帰らせた。

外に出たエリーゼは、運命を変えることはできるだろうか、だが愛するリンデンや、大事な親友のミハイルを苦しませたくないと考え、できる限りのことをやろうと心に決める。

一方、アムセルはエリーゼに言われたことを考え、ユリエンに血塔についてどう思うか尋ねる。

ユリエンは、叔母が苦しんだのは知っているが、あの日のことは父たちが間違ったと思う、理由があるからと言って過ちが正当化されるわけではないと答える。

その言葉を噛みしめたアムセルは、外出する準備を始めるのだった。

漫画「外科医エリーゼ」最新話136話の感想

エリーゼはアムセルを動かすことができましたね。

妹がいかに大切だからといって、他人の大切な人を奪って良いわけがありません。他人から奪うのではなく、妹を直接守る別の方法をとるべきでした。

エリーゼとユリエンに諭されて、ようやく考えを変えることができたようですね。

まだ一度も謝ったり、許しを求めたことがないそうなので、これからリンデンに謝罪するのではと思います。

リンデンの方はどうするのでしょうね。エリーゼから他の方法で恨みを晴らすことができればと言われたタイミングで、アムセルから謝られたら、考えを変えるでしょうか。

血塔の悲劇で、リンデンの母と姉は死に、アムセルの妹は心を壊してしまいました。誰もが傷ついただけで終わった事件ですが、これ以上血を流すことなくまとまって欲しいですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください