漫画「盗掘王」148話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「盗掘王」漫画3B2S、脚色Yuns、原作sanji-jiksong、原題도굴왕

毎週火・金曜日に1話ずつ、最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「盗掘王」148話のネタバレ

荒縄からの緊急信号を受け取った遼河は、会議を中断して、廊下で待っていた雪と柳とともに、荒縄のオーラが漂う庭園へとむかう。

荒縄は、オフィシャル復元師二人に向かって、こちらにくるなと威嚇していた。

彼らは、損傷した遺物が多く見つかったと聞き、ここの来たのだそうだ。

核まで破壊されている遺物を見て、誰がこんなことをしたのかと驚く遼河。

柳がアンク状態になったアヌビスを見つけるも、先にオフィシャル復元師が乱暴に拾ってしまう。

パンドラの規定ではS級以上の遺物は資格をもつ、プロ復元師しか復元が許されていないと言い、柳をエセ扱いする。

さらにオフィシャル復元師の師であるリチャードを刑務所送りにしたと、柳を睨む。

いつのまにか遼河の後ろに、グレイ大統領も来て、オフィシャル復元師に任せるのが間違いないと言い出す。

ムっとする遼河。さらに怒った柳は、今ここで復元してみせろと言う。

遼河はその案にのり、今ここで復元してもいい、だが少しでも異変があればタダじゃおかないと脅す。

オフィシャル復元師は、失敗するはずがないと言い、復元を始めたが、全く修復できなかったので慌てる。

柳は、彼らがアヌビスのどこが破損しているか理解しないまま持ち上げたので、そうなることをわかっていた。

罵られながらも、柳がアヌビスを受け取り復元することに。

遼河は、核まで破壊されているので、過去の詐欺王時代の柳であれば可能だろうが、今の柳がそこまでできるかはわからず、失敗すればアヌビスをい失い、柳もひどく傷つくのではと心配した。

柳は慎重にアヌビスを地面に置くと、どこが破損しているかはわかっていると言い、復元を始めた。

アヌビスが眩しく光ると、核が修復され、アヌビスは意識を取り戻した。

ただ柳の筆の遺物(世界を驚愕させた贋作画家の秘密サイン)の耐久度が減ってしまったため、アヌビスを生き返らせた状態で一旦終了する。

柳の実力に、オフィシャル復元師は言葉もない。

アヌビスは犬化し、荒縄は感激してアヌビスに巻き付く。

遼河は柳を軽く褒めると、練習のためにそこに転がっている遺物を復元してみろと言う。

柳と遼河で話しているうちに、オフィシャル復元師はこっそり帰ろうとする。

だが遼河が呼び止め、謝罪させた。

世界一をうたっておきながら、実力で負けたので、その後の彼らは大人しくするしかなかった。

その後、グレイ大統領と会議をやり直し、TKBMがペンタゴンの遺物を横取りしようとしていたと嘘を吹き込みつつ、情報を色々聞き出すことができた。

会議がうまく終わった遼河は、自宅に戻った。

寝室で休んでいるとアヌビスがやってきて、遼河に礼を言い、彼に忠誠を誓った。

そこで遼河は、アヌビスがやらかした剛力遼河排除依頼書について、自分で始末をつけろと言う。

排除依頼書を利用し、遼河を殺そうとしたものの処理を、アヌビスに命じるのだった。

漫画「盗掘王」148話の感想

さすが柳ですね。核が破壊されても、他の復元師ができなくても、彼がいればなんとかなりますね。

毎日休む間もなく復元しているから、詐欺王にならなくても成長していたのでしょうね。

遺物の核は魂のような存在ですが(66話)復元でなんとかなるものなのですね。

とにかく、アヌビスが無事に復活して良かったです。しかも、今度こそ遼河を主人と認めました。

アヌビスが出した排除依頼書を、アヌビス自身が処理することになりました。

確か運命王ジョシュアも利用していましたね。さすがにアヌビスだけではジョシュアに勝てないので、ジョシュアは遼河が決着をつけるのでしょうね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください