漫画「外科医エリーゼ」最新話133話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※各エピソード一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマにて独占配信中の「外科医エリーゼ」原作yuin、漫画mini、原題・외과의사 엘리제

毎週水曜日に最新話が更新されます。

前回のあらすじは、コチラ

漫画「外科医エリーゼ」最新話133話のネタバレ

エリーゼは、以前にミハイルと旅に行こうと約束したのを反故にしないでねと言うので、二人きりの旅行は兄が許さないだろうとミハイルが言うと、3人で家族旅行に行けばいいと彼女は答える。

兄はエリーゼと二人きりで行きたがるのではと、エリーゼにつられて微笑むミハイル。

だがそれも難しいのは分かっているだろうと言う。

エリーゼは、もしリンデンと戦うことを避けられるのなら、皇位継承権を放棄することはできるかと尋ねる。

ミハイルが、皇位に興味がないことは知っているだろうと答えると、エリーゼは微笑み、失敗するかもしれないがと自分の考えを説明する。

話を聞いたミハイルは、兄の逆鱗に触れるからエリーゼも大変なことになるのではと戸惑う。

だがエリーゼは、リンデンとミハイルのために力を尽くしたいと言う。

問題は、怒られるだけならなんとかなるが、失望されたら嫌われてしまうかもしれないことだ。

心を決めた彼女は、自分を信じて待っていて欲しいとミハイルに頼む。

ミハイルは頷いた。

その後、エリーゼは屋敷に戻り、身支度を整えると、リンデンの宮殿へ向かった。

正式な訪問要請までしてどうしたのかと言うリンデン。

エリーゼの表情が暗くなったので、リンデンも気になるが、彼女が隣に座りたいというので許可する。

彼女はリンデンの肩にもたれ、リンデンのことを本当に愛していると言う。

そして体を彼に向きなおすと、彼らを助けてもらえないかと問うのだった。

漫画「外科医エリーゼ」最新話133話の感想

エリーゼはミハイルの心をほぐし、免責権のことを話したようですね。

これで暗殺や、粛清や、リンデンの精神崩壊という、誰もが不幸になる結末を回避できるかもしれません。

ですがリンデンからすれば、復讐を果たせず、これまでの生きる糧だったものを否定されるので、結局はかなり苦しむことになるでしょう。

しかも誰よりも心を許している彼女に言われたら、逃げ場がないので追い詰められてしまいますよね。リンデンにはかなり酷な提案です。

貴族派には、リンデンが納得できるだけの処罰が必要でしょうね。

エリーゼにこのことを持ち掛けられたリンデンの反応は、怒るのか、愕然とするのか、絶望するのか、どうなるのでしょうね。

エリーゼが心配していた、彼女自身に対しての失望まではしないのではないかと思います。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください