漫画「盗掘王」90話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※最新話も含む全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「盗掘王」漫画3B2S、脚色Yuns、原作sanji-jiksong、原題도굴왕

毎週火・金曜日に1話ずつ、最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「盗掘王」90話のネタバレ

荒縄は柳を引っ張り、宮殿内の一室に逃げ込んだ。

乱暴にされたことを怒る柳に、静かにと注意する荒縄。

部屋の外では、何処に逃げたと言い、先程の恐ろしい遺物が探し回っていた。

その遺物は部屋の前を通り過ぎて行ったので、一安心する柳。

墓の主があのように出歩いているのはおかしいのではとぼやく。

これでは出口を探すことができない。

遼河に助けに来てもらいたいが、墓内部のためスマホが使えず、連絡がとれない。

そこで、荒縄の遺物ネットワークを使い、遼河に連絡をとってもらうことを思いつく。

だがその声が大きかったのか、さきほどの遺物に見つかってしまい、また追われる羽目に。

その頃、遼河は、消えたのは柳だけではなく、近くにあった遺物達もなくなっていることに気づいた。

普段使っていた遺物達がなくなり、しかも一番良く使う荒縄さえ無いという遼河に、再召喚できないのかとアイリーンが聞くも、召喚することのできないエリアに居る、奪われたくないという嫉妬の属性が強いと、表示が出る。

そこで遼河は、すぐ出発できるよう飛行機の手配をアイリーンに頼んだ。

そして鄭和の地図を広げ、柳の場所を探す。

するとリチャードから電話がかかってきて、復元師を失っただろう、これで遺物を復活させることはできず、さぞ困っているだろう、と言う。

柳を拉致したなと遼河が言うと、正確には嫉妬の墓の中に投げ捨てたよと、リチャードは笑う。

まさか死んでしまったのではと嫌な想像をしてしまうが、鄭和の遺物は柳の位置を示した。

リチャードは、まだ一応生きてはいる、こちらの提案を飲むならば墓から助け出してやろうと言う。

望みは何かと遼河が聞くと、少人数で簡単に墓を攻略できる能力を持つ、特別な遺物があるのだろう、それを寄越せというリチャード。

遼河はたまらず大笑いする。

確かに自分のチームはパンドラに比べて小規模だし、財界のバックアップがあるわけでもないと話す遼河。

俺のことを調べてコレといった秘密がみつからないから、特別な遺物を持っていると考えたようだが、それなら柳じゃなく遺物を盗めばいいだろうと返す。

俺だけが使うことのできる特殊遺物の存在は確信していても、正体がわからないから盗みだせないのだろうと言い当てる。

パンドラ最高権威者である大河原会長ですら、アヌビスには敵わなかった、だからどんな能力の遺物架わからない以上、迂闊に手を出せなかっただろうと。

柳の拉致は、俺との取引で主導権を握るためなのだろう。

だが、そもそも柳を墓から出すことは可能なのかと指摘すると、リチャードは慌てて、それは可能だと言う。

それはいつだ、その頃には柳は死体になっているだろうと言う遼河。

自分の棺桶でも作っておけと言い捨て、遼河は電話を切った。

すると、新作の執筆を始めたのだなと言い、嬉しそうなネロが現れた。

本編はいつ公開するのかと言い、巻物を遼河に見せる。

そこには、

巨匠・剛力遼河の最新作!

団長助けて、この墓はとんでもない、

期待せよ!圧巻の超大作

と、行間に柳からのメッセージが入っていたのだった。

漫画「盗掘王」90話の感想

リチャードは、柳の命で脅してきましたね。でも遼河の能力を見誤り、脅しにならなかったようです。

しかも遼河と柳は、互いに連絡を取れる方法に気づきました。ここから荒縄とネロでやりとりするのでしょうか。

また、仲間の命で脅迫したので、遼河はリチャードを情け容赦なく潰しそうです。

今回、荒縄を再召喚できませんでしたが、人間じゃない遺物でも、墓に閉じ込められるものなのですね。

もし再召喚できていたら、柳は死んでいたかもしれないので、結果的に再召喚できなくて良かったです。

攻撃力で劣る柳ですが、遺物ネットワークを使い、どのように攻略するのか楽しみですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください