漫画「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」60話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※ 全話一覧はコチラ

漫画アプリ・ピッコマで連載中の「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」原作Nokki、作画AhBin、原題・양판소 주인공의 아내로 살아남기 

どこにでもありそうなファンタジー小説内の悪役で脇役、さらに悪妻のあまり次期皇帝の夫に処刑される妃、カナリアとして生まれ変わってしまった主人公。そんな彼女が生き残っていくために奮闘する、異世界恋愛ファンタジー漫画です。

毎週金曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」60話のネタバレ

カナリアの頼みで、ブレアはカナリアに変装したものの、左利きの彼はつい左手を使ってしまい、アニーに注意される。

カナリアは数日留守にするということなので、この時間を活かし、ブレアはイーサンやジャックスの精神を鍛えることに。

怯える二人。

その頃カナリア達は、オスカーについて知っているものはいないかと聞き込みをしていたが、オスカー・ハインデルの名を知っているものは一人もいなかった。

この町で一番顔が広いリカルドだったら知っているかもしれない、今なら旅館近くの酒場にいるだろうと教えてもらう。

どうせ宿泊しなければならないので、宿探しついでにそこに向かうカナリアとセザール。

すると、そこのピンクの髪のお嬢さん、と、ローブで顔を隠した人物に声をかけられる。

あなたはこの世界の人ではないようだ、居てはならないのに無理に留まると周囲の人を危険にさらすことになると警告する。

カナリアがどういう意味かと聞こうとすると、変な話は気にするなと言い、セザールが彼女の手をひいた。

旅館につき、受付の女性に二人分の宿泊を頼む。

部屋は一緒でいいかと聞かれ、別々で、と顔を赤くしながら全力で頼むセザール。

受付の女性は、ご夫婦かと思いましたすみませんと謝るので、カナリアは、そうです顔見知りなだけですと話す。

それにショックをうけるセザールに、あなたが最初にあのように言うから仕方ないじゃないと返すカナリア。

すると外が突然騒がしくなった。

様子を見にいくと、婚約者に裏切られた若い女性が、包丁を持って婚約者に詰め寄っていた。

女性は思いつめ、自殺を図る。

すると突然現れた青年が、その包丁を掴み、自殺を止めた。

あんなクズのせいで君が死ぬ必要はない、そう悲しまないで、君が流した涙1滴の価値もない男なのだから、と言うその青年は、探していた人物リカルドだった。

女性は包丁を落とし、周囲にいた友人が彼女を保護する。

カナリアは、怪我を見せてもらえますかと言い、リカルドに声をかける。

彼の血まみれの手を見て、酷い怪我じゃないですか、早く手当しないと、と言うと、リカルドは突然、俺が探していた理想の女性だ、と突然告白した。

一目惚れした、この町には何の用で来たのか、一緒に食事したいが時間はあるか、君のことが知りたいと、矢継ぎ早に質問を浴びせるリカルド。

恋愛を軽く考えている人ではないみたいだけど、本当に私に一目惚れしたのかと、カナリアは突然の出来事に困惑する。

彼に聞きたいことがあるから、食事の提案を受け入れるべきかと、カナリアが戸惑っていると、セザールがいきなり二人の間に入り込み、剣を抜いた。

剣と、剣に付いている紋章に気づくリカルド。

セザールに、妻から離れろと言われ、リカルドは10秒で失恋したのだった。

漫画「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」60話の感想

ブレアがカナリアに変装してくれたので、カナリアはお忍びで出かけることができたわけですが、ブレアの変装能力の高さは凄すぎますね。完全に本人です。

さすがに女性と男性では体つきが違うと思うのですが、魔法で体格も変えられるのでしょうか。これほど完璧に変装できるのであれば、安心して出掛けられますね。

そんなお出かけ中のカナリアですが、なんだか怪しい人物に声をかけられました。占い師でしょうか。それとも、同じく地球から転生してきた、原作を知る人物だったりして。

原作に登場しないオスカーがいる世界なので、何が起きていてもおかしくないんですよね。不吉なことを話していましたが、だからと言って歩みを止めるわけにはいかないですよね。未来を暗示されたとしても、そうなる可能性があるだけで、確定ではないですから。

オスカーを調べているうちに、リカルドという青年に接触することになりました。しかしまさかのカナリアに一目惚れ。いきなりややこしい出会いになってしまいましたね。

すぐに既婚者と判明したため、リカルドは失恋しました。こんな展開でも協力してくれますかね。オスカーのことを誰も知る者がいない今、リカルドだけが頼りです。何かわかるといいですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください